持続 化 給付 金 今年 開業。 【速報】持続化給付金の対象が広がる!今年の開業者も対象・その他の要件緩和追加

持続化給付金の提出書類で開業届けの提出日が遅れてしまいました。昨年の...

持続 化 給付 金 今年 開業

新型コロナウイルスの感染拡大より大きな影響を受けている事業者(法人・個人)が、最大で、法人が200万円まで、個人事業主が100万円までの現金支給を受けられる「持続化給付金」。 もっとも、「持続化給付金」では、昨年1年間の売上からの減少分が、現金支給の上限となります。 このため、起業したばかりで、設立(法人)や開業(個人事業主)してから1年未満の場合の取扱いが気になりますね。 4月27日に経済産業省が公表した「持続化給付金」の申請要領(速報版)では、こうした 設立・開業1年未満の事業者を対象とした特例が設けられています。 この記事では、この 持続化給付金の「創業特例」(法人向け)および「新規開業特例」(個人事業主向け)のポイントについて説明します。 Contents• 「創業特例」・「新規開業特例」のポイントまとめ! 持続化給付金の「創業特例」&「新規開業特例」 この特例は、持続化給付金について、 2019年に設立した法人(=「創業特例」)および 2019年に新規開業した個人事業主(=「新規開業特例」)について、特別の給付額の計算方法を適用することを認めるものです。 給付額の計算方法(原則) 昨年1年間の売上からの減少分を上限として、法人が200万円まで、個人事業主が100万円までの現金支給を受けることができます。 対象月については、「2020年1月から申請する月の前月までの間で、前年同月比で売上が50%以上減少した月のうち、ひと月」を、申請者が任意で選択できます。 これに対して、「2019年1月から12月までの間に法人設立・新規開業を行った場合」に、この特例が適用されます。 この場合、 「対象月の月間事業収入(売上)」が、 「2019年の月平均の売上」に比べて、50%以上減少していれば、持続化給付金を受けることができます。 2019年中の売上は、12ヶ月分すべて揃う必要はなく、営業を行った月の平均の売上が基準になるわけです。 対象月については、「2020年1月から申請する月の前月までの間で、前年同月比で売上が50%以上減少した月のうち、ひと月」を、申請者が任意で選択できます。

次の

設立・開業1年未満でも「持続化給付金」がもらえる!「創業特例」・「新規開業特例」まとめ!

持続 化 給付 金 今年 開業

持続化給付金の支給対象事業者が拡大されました! 令和2年5月22日、経済産業省から 持続化給付金の要件変更について発表がありました。 まだ正式な支給要件の決定とは至っていないようですが、現在発表された内容について発表された内容をまとめてみました。 令和2年に創業した事業者も対象に加えられることになった! 現行の持続化給付金の支給対象事業者には「令和2年に事業を開始した事業者」は 対象から外されていました。 当事務所にも、今年創業したばかりの事業者様からご相談を受けることもあり、ほんの少しの創業時期の差で持続化給付金の支給対象から外されてしまうことに大変悔しい思いをされていました。 しかし、そういった多くの声を受け、持続化給付金の支給対象の拡大がされました。 そのため、 令和2年に事業を開始した一定の事業者にも持続化給付金が受け取れる場合があります。 令和2年1月から3月末の間に事業を開始した事業者やフリーランスであること 現行の持続化給付金の対象事業者は、「令和元年12月末までに事業を開始した事業者」のみとされていました。 しかし、今回対象範囲が 「令和2年1月から3月末までに事業を開始した事業者」まで広がることとなりました。 このため、ほんの数日差の開業日で持続化給付金を受け取ることができなかった事業者の方も救済されることとなります。 しかし、要件を満たしていないと対象となった事業者であっても持続化給付金の支給を受け取ることができませんので、しっかりと要件を確認しておきましょう。 令和2年1月から3月末に創業した事業者やフリーランスで、いずれかの月の売上が「1月から3月までの平均より50%以上減少していること」 従来の持続化給付金の支給要件を新規事業者にも当てはめることとなったため、 「いずれかの月の売上が、1月から3月までの平均より50%以上減少していること」が要件となりました。 例えば、下記の図をご覧ください。 令和2年の1月から6月までの売上の中で、 「いずれか一月でも1月から3月の平均売り上げの50%以下」であれば要件を満たすことになります。 いずれか一月ですので、上記の表であれば、 1月・5月・6月が対象月に該当します。 これを従来の受給額と同様と考えると、上記の表では 6月が1月から3月の平均売上額「30万円」と比べて「20万円」と一番差があるため、 6月の額で申請することが一番多く給付金を受け取れることとなります。 しかし、従来の持続化給付金の支給限度である「法人は200万円まで」、「個人事業主は100万円まで」、 「前年度の売上総額まで」がありますので、「前年度の売上総額」が何に代替されるのかはまだ定かではありません。 「1月から3月までの総売り上げ」に変えられるのかどうかは今後の情報を確認してください。 フリーランスの方の雑所得や給与所得と分類されていた額を売上げとみなせることがある フリーランスの方のうち、売り上げを「雑所得」や「給与収入」と分類されていたため、持続化給付金を申請できないというケースも問題視されました。 そのため、今回はフリーランスの方の 「雑所得」や「給与所得」も売り上げとして算定できる場合があります。 契約や支払いを証明する源泉徴収票や支払い調書などの書類により、フリーランスとしての事業売上げと確認できた場合にのみ対象となりますが、こちらも今後の正式な要件を確認すべきだと思います。 令和2年1月から3月末までに事業を始めた者の持続化給付金申請受け付けはいつから? 今回の新しい要件についての申請は、 6月中旬を目途に開始する予定であることが発表されました。 今すぐに申請できるわけではありませんが、今まで支給を受けることができなかった事業者やフリーランスの方でも一定の方が救済されるため、必ずご自分が当てはまるか否かの確認はしておきましょう。 違法な申請サービス業者にはご注意ください。 また、今回の情報については記事で挙げている情報しか判明していないため、ご質問等にはお答えできない場合がございますことをご了承ください。

次の

【速報】持続化給付金の対象が広がる!今年の開業者も対象・その他の要件緩和追加

持続 化 給付 金 今年 開業

持続化給付金の要件である「前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があること」があと少しで達成できないといったケースが多いようです。 また、前年2019年の売上がそもそも少ないため、さらに50%以上減少するのが難しいというケースもあります。 しかし、給付要領や給付規程をしっかり読んでみると、実は要件を満たす方法がいくつかあります。 前年月平均で判定する方法 個人事業者かつ青色申告 個人事業者で青色申告をしている方は、前年同月比だけではなく「前年 2019年 の月平均」と比較して50%以上減少していれば、給付要件を満たすことができます。 これは、個人事業者の白色申告者は前年の月平均で比較するのに対し、青色申告者は前年同月比で比較するという差異をなくすためです。 そのため、青色申告者は前年同月比と前年月平均のどちらかを選択して比較することが可能となっています。 たとえば、前年2019年1~12月のうち1ヶ月だけ収入が大きかった場合、下記のようなケースが想定されます。 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間 2019年 100 100 800 100 100 100 100 100 100 100 100 100 1,900 2020年 100 100 700 80 このような場合に5月以降も毎月80くらいが維持された場合、原則として要件を満たしません。 もし、満たすためには月50以下まで減らす必要があります。 33ですので、月平均50%以下にするのであれば1ヶ月79. 16以下となれば要件を満たすことが可能です。 これであれば少し値下げすれば要件を満たせそうです。 注意点としては、この判定方法を使用する場合は青色申告決算書を提出しないようにすることです。 青色申告決算書を誤って提出してしまうと前年同月比で要件を満たしていないことから不支給となってしまいます。 前々年同月比で判定する(3~4月決算法人) 3、4月決算法人は現在決算をされている真っ最中かと思います。 3月決算法人は5月末、4月決算法人は6月末が原則的な法人税の申告期限です。 しかし、申告した後と前では持続化給付金の判定に大きな違いが出てくるためご注意ください。 申告する前であれば前々年同月と判定することが可能なのですが、申告してしまうと2019年が確定してしまうため原則通り前年同月と比較することになります。 例えば下記のようなケースです。 しかし、2020年3月の申告をする前であれば特例により2019年3月期の4月 2018年4月 の前々年同月比と比較することが可能です。 現在3、4月決算法人は申告期限が延長されているため、あえて申告するのを保留し、持続化給付金の申請を先にしていただく方が良いことがあります。 ただし、2月決算法人などの申告期限が延長されていない法人が申告がまだ終わってない場合や申告書の控えがない場合には上記特例は適用されず、税理士の署名押印のある月次事業収入証明書を提出することになるため、前年同月と比較することになります。 あえて前年同月比で判定する 2019年設立した法人・開業した個人 2019年に設立した法人と開業した個人には創業特例・新規開業特例という特例があります。 意外とこの特例に目が行き過ぎて、原則による判定ができないと誤解されている方がとても多いのです。 2019年に設立した法人と開業した個人は特例による判定ができますが、原則通りの判定も可能です。 まず、2019年に設立した法人と開業した個人は2019年の月平均で判定できるのが創業特例・新規開業特例です。 その際、注意するのは2019年の月平均の事業収入は、設立 開業 してから2019年12月までの月数で割るということです。 一方、この特例の方法では要件を満たせない方でも、原則通り前年同月比と比較して50%以上減少という要件が満たせれば申請は可能です。 よくあるパターンとしては、開業セールやもともと他の法人から分割した法人などはこういったケースに該当する可能性があります。 例えば下記のようなケースです。 5まで月間事業収入が減少しなければなりません。 しかし、原則通りであれば5月は250、6月以降は150以下となれば50%以上減少という要件を満たすことが可能です。 特に開業した2019年5月の収入が多いことから、2020年5月の収入を調整すればほとんど売り上げの減少がなくても要件を満たすことが可能です。 事業譲渡してしまう 事業を分割できる法人・個人 この持続化給付金の給付要件には、事業譲渡や分割をした場合の特例が用意されていません。 どちらの会社もこのままいくと2020年中に前年同月比50%以上減少という要件を満たせそうにありません。 そこで、B社で一番収入を稼いでいるD事業をC社に譲渡することにしました。 タダで事業譲渡すると税務上も問題なので、このD事業の年間利益の5年分を譲渡対価と設定しました。 こうした場合、事業譲渡を行ったB社は、事業譲渡を行った月は事業譲渡の対価があるため収入は大幅に増加してしまいますが、その月以降はD事業の収入がなくなるため月間事業収入は減少します。 そして、50%以上減少という要件が満たせる可能性が出てきます。 一方、個人の場合でも上記のように事業譲渡という方法もありますが、事業承継という方法がイメージが付きやすいかと思います。 たとえば、先代のAさんが事業承継として子供のBさんに事業を承継した場合に、Aさんの月間事業収入はどうなるでしょうか?そう0円になるのです。 ただし、事業のすべてを譲渡してしまうと「今後も事業を継続する意思があること」という要件から外れてしまうためご注意ください。 現状、上記のような場合にも要件から除外するような規定がないのです。 税金の法律にはこういった「法律逃れ」のような行為に対して常に新しい法律を作り、防止しているのですが、現状持続化給付金の申請規程、給付規程にはそのような規程がないため可能となっています。 後日、規程が追加される可能性もあるため、そのリスクをとるかどうかはご自身の責任でご判断ください。 法人成り、個人なりする 事業を分割できる法人・個人 上記「事業譲渡してしまう」という方法とほぼ同様の方法となります。 現在の事業が複数の事業に分けられる場合には1つの事業を別法人にする、または個人に移すことにより、要件を満たすことが可能です。 自動車の販売・修理をやっている会社であれば、販売事業だけを個人に移すことにより、法人の事業収入を減少することが可能です。 大がかりなスキームになる可能性が高いため税理士に相談してから実行することをお勧めします。 給付金をもらうために給付金額以上のリスクが生じる可能性があります。 売上の計上時期を見直す 「入金の時期をずらせば50%以上減少を達成できるのでは」という情報が出ていますが、当事務所としてはあまりお勧めしません。 確定申告の収入の計上する原則的な方法は発生主義、つまり物の販売なら納品したタイミング、サービスの提供であればサービス提供が完了したタイミングで計上します。 その収入の回収時期をずらしただけでは、後日調査のうえ不支給という結果が出ても文句は言えません。 ただし、実現主義のもとに収入の計上時期をずらし、支給要件を満たしたのであれば、問題はないと考えています。 物の販売をしているのであれば注文は受けるが納品しない、製造やサービスであれば予約は受けるが作業はしない。 つまり、「実際に休業してしまう」という方法になります。 また、今休業して従業員に休業手当を支給すれば雇用調整助成金の支給が受けられる可能性もあります。 ただ、なかなかそんなことはできないという事業者の方は多いと思います。 そのため、今年の売上だけではなく、前年の売上が実現主義になっているかを見直すという方法もあります。 通常、税理士に依頼している場合でも月ごとの売上は入金日であったり、請求書の発行日だったりしています。 そこで、それらを実現主義に修正することにより、前年同月の売上が増加し、要件を満たせる可能性が出てきます。 2020年12月までのいずれかの月で要件を満たせればよいのですが、「あと数万円売上が減少できれば持続化給付金がもらえる」というケースも想定されます。 そのために、事前に自分がいくらの収入まで減少すれば要件を満たせるのかを把握したうえで調整休業するというのが賢いと思っています。

次の