お バカ だって いい じゃ ない か。 マスクって、なんだかいいですよね。あ、レスラーじゃないやつですね。第16回 OFF AIR RADIO!!

恋愛や家族以外のパターンがあってもいいのかも…【ジェーン・スー×pha】|ウートピ

お バカ だって いい じゃ ない か

赤身の牛肉ステーキと相性抜群のボルドーの赤 フランスのワイン産地では、みんなブドウの木を使ったバーベキューが大好き。 昨年末、ボルドー・サンテミリオン近くにある百合草梨紗さんのワイナリー「シャトー・ジンコ」を訪問したときも、バーベキューを開催してくれました! 青空のした、波打つブドウ畑を眺めながら牛肉のリブロースを塊で焼きつつ、ワインを飲み、話す。 そんな至福の時間でした。 フランスのホムパでは、ゲストをもてなすのはホストである男性の役割です。 この日、塊肉を切りわけてくれたのは百合草さんの旦那様であるマチュ・クレスマンさん。 ジューシイに焼かれた赤身肉の鉄分や旨みと、百合草さんのメルロ100%の赤ワインは、これ以上ないほど相性抜群でしたよ。 シンプルに焼いて。 メルロならではのやさしさと滋味深さ、そして凝縮感。 化学肥料、農薬、除草剤などはいっさい使用しない、ビオで育てたブドウにより仕込まれる「シャトー・ジンコ」。 サンテミリオンから10kmほど東にいった場所にある畑は、ボルドーのなかでも銘醸地です。 樹齢が65年にものぼる古木から採れたブドウも使用するため、メルロらしいやさしさや滋味深さのなかに、古木ならではの凝縮感もあり、飲みごたえのあるワインに仕上がっています。 「ぶどうの木がまるで子供のように愛おしい」 静岡県に生を受けた百合草さんは、短大を卒業したあとアパレル業界へ。 そのころ、サンテミリオンのワインが好きになり、フランス・ボルドーへの語学留学を決意。 その後、ボルドー商工会議所が運営するワイン専門学校へ進学したときに、やがて夫となるマチュさんと出逢いました。 2009年に結婚。 ふたりでワイン販売の仲介業をしていたころ現在の畑が売りに出されていると知り、購入。 ワイナリー「シャトー・ジンコ」を立ち上げました。 百合草さんは現在、3人の娘さんを持つワーママでもあります。 「ジンコ」とは、フランス語で銀杏を意味する言葉。 東洋の木なので神秘的なイメージがあり、愛と友情の象徴であり、生命力が強いことから、次女が産まれたときにブドウ畑の横に銀杏の木を植えたそう。 「シャトー・ジンコ」の名は、そこに由来しています。 「ぶどうの木は、まるで自分の子どものように愛おしい。 これからも精一杯、良質なワインがつくれるよう努力していきます」。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

モテればいいってもんじゃない あんたバカじゃないの?

お バカ だって いい じゃ ない か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ はい、始まりました、第16回グローバルオブグローバルOFF AIR RADIO ブログです。 今日は(朝の)6時15分ぐらいから始めさせてもらいます。 全国0局ネットで放送しております、はい。 最初聴いていただきましたのは、えっとーMOSHIMOっていうバンドさんで「電光石火ジェラシー」です。 そういや歌詞が、、、面白いです。 歌詞が面白いですし、あの、演奏も上手い、あと声も、、、なんだろう、、、、なんかあの、のび?伸びやかだけど動き回るような、そんな声で耳に残りますね。 いいと思います。 はい、「電光石火ジェラシー」でした。 ほんとうにジェラシーがすごい伝わってくる曲です、最初でお送りしましたー。 はい、今日の最初の話題は、えっとー最近のことですが「ブログ巡り」です。 最近ブログ巡りをしているということで、えっとー他の人のブログを見ることが多いです。 特にTwitterで上がってきているところを探して見ているんですけど、僕のブログと比較して、 テクニカルで、 専門的なお話とか、 あと、丁寧でまとめてあるー ブログばかりで、やっぱりちょっと引け目を感じたりしたりもするんですけど。 まあそれで、けっこうブログって、 欲しいときに役立つような意味合いが強いですね。 そういうのがあるからこそ、助かるというところがあって、僕もこのブログ作成のときに、あのー分からないことがやっぱり多くて、 かつ、特にGoogleさんとかで専門用語を調べてもわからん時は、個人のブログのところにいって、「こうしたらいいよー」とか「こうしたらいい機能がつかえるよー」とかがあって、 それを参考にして、やっと上手い具合にできるようになってということが多いのです。 ほんとうに役立ってます。 まあーあと僕のブログでいうと、まああの、だいたい記事でspotifyを3つ、曲をいれるんですけど、 まー多分、僕のブログを見られるかたは、 貼ってあるやつ、ポッと押して、終わり、みたいな 感じで読まれるスタイルが多いかもしれませんが、 フルで フルで聴いてほしいというところがあります。 spotifyでいちいちログインしての形になってしまうんですけど、フルでなく一部分じゃ分からないところとかやっぱり多いんで。 あのー動画は音だけ聴くんはいいんですけど、あんまり動画と音楽を聴くのは伝わりづらいなというところがあるので。 ぜひぜひspotifyをおすすめします(まわしもんではありませn)。 はい、では音楽ですね。 えっとー、音楽は、えっとー今回は、マカロニえんぴつさんですね。 で、えっとー、これはFMラジオで流れていたのを聴いてましたね。 「洗濯機と君とラヂオ」っていう曲です。 どうぞ。 えっとー、ほんとうにポップな感じの曲調なんですけど、歌詞はしっかりしているような感じがして、特に、やっぱりサビの盛り上げるところも、歌詞の言葉の選び方が聴いていると鳥肌が立つような。 そんな感じの曲です。 明るいだけじゃなくて、哀愁を、歌詞からは感じられる、ですね。 あと、ほんとうにのびやかなバンドさんですー、マカロニえんぴつ。 いやー、よかったですね、今後注意していきましょーー。 はい、じゃあ今日のテーマですね。 テーマは、ほんとうに適当に選んだら「ドラマの最終回」となりました。 最近、ドラマの最終回が多いということで、この時期ですねー、でも最終回っていうとあんまり広げられない内容・・・、テーマやなと思うんですけどね。 なんか最終回っていうと、あの見終わったあとですね、一番最後の最終回を見終わったあとの、あのー、ドラマだったりアニメだったりとかね、僕の場合やっぱり一日、二日は余韻が凄くて、もう、なんだろうな、次のもの観たくない、とかなったり、 wikipediaをみて、あのー詳細をなんか調べるとか、この次の、将来のこと(アフターストーリー的な)とかスピンオフとかすごく考えたりしますね。 「いや、ほんとによかったなあー」ってなったらね。 なりませんかね?、なんかあんまりそうでもない最終回だったら、「はい、次々ー」ってなるんですよね。 本当にいいものは、心に残るという、頭に残るというところがあるかなあーと思います。 いかがですかねー。 今期はドラマとか観てないんですけど、いかがでしょうかねー。 やっぱり感動するときとかは、鳥肌が立つってあると思うんですけど、余韻ですね、そういうものを信用したほうがいいかなーって思います。 はい、じゃあ今日もえっとー、16分ぐらいたちましたね。 えっとー、今日のエンディングは、あれですねー、まあ最近ちょっと昔のことを思い出しながらというところで、 ちょっと前にも話題にした、「ポケットビスケッツ」で、ちょっとこの曲をながしたいなと、今回ね、MOSHIMOさんとマカロニえんぴつさんといったネクストブレイクアーティストを流していたんですけど、 ちょっとあのー、変わったというより、なんかちょっと、なんだろうなー、方向というか、ちょっと違う曲を流したいと思ってますんで、ポケットビスケッツです。 (世代だよね。 ) ポケットビスケッツで終わりとしたいと思います。 「power」ですね。

次の

赤ワインなら何でもいいってわけじゃない【牛肉にあわせるボルドー】

お バカ だって いい じゃ ない か

名前: 名無しさん投稿日:2020年06月23日 離婚すればいいんじゃないかな 名前: 名無しさん投稿日:2020年06月23日 そうコメントしてこい 名前: 名無しさん投稿日:2020年06月23日 じゃあ何で子供産んだの? 173• 296• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4742• 366• 599• 4279• 2183• 1736• 507• 419• 2890• 979• 1274• 1156• 1574• 4167• 8330• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1407• 730• 1090• 3232• 1582• 658• 161• 483• 105• 275• 1498• 136• 688• 230• 700• 2159• 195• 4825• 304• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の