アン ティファ t シャツ。 国連がSNSでアンティファを擁護 のちに削除するも説明はなし

アメリカ暴動――トランプは極左アンティファを「テロ組織」に指定できるか(六辻彰二)

アン ティファ t シャツ

ニューズウィークのを見ると、世論調査で「アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持」とある。 俄に信じられず、目を疑う情報だが、米調査会社モーニング・コンサルトによる報告であり、それなりに根拠のあるデータなのだろう。 NHKなどテレビ報道を見ていると、米国の国民は、今回のジョージ・フロイド殺害に抗議するデモを圧倒的に支持していて、それを軍を使って弾圧しようとするトランプに反発しているように見える。 トランプが完全に孤立化していて、今にもホワイトハウスが群衆に包囲され、大統領辞任に追い込まれるのではないかという雰囲気すら感じられる。 トランプを擁護したり、トランプ側に一分の理を認めている論調は、日本のマスコミ報道では全く確認できない。 なので、この数字は意外だった。 やはり、全米で起きている暴動が影響し、暴徒による放火や略奪や暴行に眉を顰めているのだろうか。 この世論調査に意味と根拠があるとするなら、われわれが考えなければいけないのは、米国の保守岩盤の厚さであり、彼らのマスコミ不信であり、4年前の大統領選時に起きた旋風現象とその中身をなす論理や動機だろう。 「トランプ劇場」を取材し検証したNHKの番組では、不法移民が持ち込み売り捌いて蔓延する麻薬禍によって、家族を中毒死で失ったという証言が紹介されていた。 KKK団の復活の映像もあった。 地方に住んで熱烈にトランプを支持する没落白人層の眼からは、都市で過激な行動に出ている者たちは、軍の武力で粉砕してよいrogue(ならず者)であり、神聖な合衆国を破壊するところの容認すべからざるテロリストなのだろう。 当時、トランプは「パンドラの箱を空けた」と言われたが、今もそれは続いていて、いわゆる米国の価値観の崩壊が続いている。 トランプはそれを利用し、再選戦略のキーにしている。 そのトランプが、31日、アンティファ(ANTIFA)をテロリスト指定すると発言し、今週はこの問題で日本のネットが騒動になっている。 この問題については、6月1日のBBCのと6月2日のAFPのが上がっていて、この二つが日本の報道コメントの基調になり、日本人の受け止め方の標準を形作っている。 トランプを批判し、アンティファには中立的な見方で臨んでいる姿勢と言える。 明らかに、トランプは現在の米国の危機と混乱の事態の責任をアンティファに押しつけていて、アンティアを悪の標的にして攻撃することで、白人警官の暴挙や差別から目を逸らし、事件を起こした白人警官に宥和的で同情的な自らの立場を正当化している。 事件の意味をスリカエている。 これは、が正しく批判しているとおりだ。 左翼のアンティファを国家と国民の敵に設定し、憎悪を集中させることで、米国世論を右翼の側に回収し、大統領選を有利にしようと目論んでいる。 そうしたトランプの思惑は、現在のところマスコミからも暴露され、批判を受け、挫折と失敗に向かいつつあると言える。 アンティファのどこかの組織が具体的に暴動を計画したとか、扇動して実行したとかの証拠がなければ、国民を納得させることはできず、これを大統領令の政治までキャリーすることはできないと予想される。 仮に強引に発令・実行しても、明確に憲法違反であり、活動家の逮捕・起訴は州裁判所の決定によって即無効化されるに違いない。 今週、日本のネットでこの問題が盛り上がった際の関心の焦点は、日本のアンティファ運動の存在であり、そして、日本のアンティファ運動と野党との関係の如何だった。 右翼は、米アンティファを非合法化するというトランプの予告を奇貨として、日本のアンティファと日本共産党・立憲民主党との関係を指弾する挙に出、野党を難詰する攻勢をかけ、いわば鬼の首を獲ったような成果に沸いている。 いかな四面楚歌のトランプといえども、現職の米国大統領には違いなく、現在の日米関係からすれば、そして米国には絶対忠誠を誓う立憲民主党からすれば、些か具合の悪い政治的事態の出来には違いない。 対応に苦慮し、喧噪が大きくならないよう神経を使って、ネット右翼の挑発を避け、見ざる聞かざる言わざるのポーカーフェイスに徹しているように窺われる。 また、そうした野党側の苦渋と狼狽を見越して、右翼はここぞと証拠写真を発掘・提示し、説明責任を求めて意地悪く追い立てている。 右翼にとっては、野党を小突く格好の材料を得た図だ。 右翼の野党攻撃に便乗するつもりは毛頭ないが、野党、特に共産党がアンティファとの関係をどう説明するか、トランプの警告にどう対応するかは、私にとって重要な関心事項である。 日本のアンティファはしばき隊そのものだ。 アンティファの旗を振ってデモ行進しているのはしばき隊の活動家であり、アンティファのTシャツを販売しているのはしばき隊(CRAC商店)である。 しばき隊がアンティファを積極的に名乗るようになったのは2015年頃だろうか、それとももっと早い時期だっただろうか。 しばき隊の名称のままでは格好悪く、CRACでは反在特会に特化し矮小なイメージに止まってしまう。 運動を普遍化するべく、お化粧して見栄えをよくするべく、米国の極左反体制運動のブランドを直輸入してネーミングした。 米国の ANTIFA が格好よく見えたのだろうし、先進的な表象を持つ、国際的な左翼運動の日本版のポジションを得て、評価と地歩を安定化させようと目論んだのだろう。 特に昨年、組織の資金が余ったのか、赤黒旗を大量に新調して示威するようになった。 米国の人々が、米国のアンティファをどう思っているかはよく分からない。 2011年のOWSの運動のときには、すでにオークランドやポートランドに姿を現し、覆面黒づくめの集団で派手に活動していた。 おそらくその一部は、米国のミレニアル世代での社会主義の流行を牽引し、活発にマルクスの古典の研究を始めた若者たちだろう。 であるとすれば、米国のアンティファに特に悪い印象を持つ理由はない。 だが、日本のしばき隊は、マルクスや社会主義とは全く無縁の連中であり、マルクスなど1ページも読んだことのない、共感どころか興味も関心もない、下品で低俗で粗暴な中年たちの集まりだ。 やることと言えば、誹謗中傷と性的暴行と暴力事件ぐらいのもので、左翼世界用の宣伝のルーティンワーク(=業界商売)でデモをやっているに過ぎない。 アンティファも、おかしな連中に名前を使われたものであり、いわゆる文化の盗用である。 ファッションとシンボルの流用だ。 しばき隊にはこの要素と傾向が顕著で、Tシャツのデザインもパクリばかりで世間の嘲笑を誘っている。 日本のマスコミは、相変わらず「しばき隊」を報道に乗せない。 「しばき隊」という語を禁句にし、その存在と活動を隠蔽して伝えない。 常識で考えて、トランプの今回の発言がニュースバリューを持つのであれば、日本にもアンティファを名乗る集団が存在して活動している事実を報道するべきだろう。 しばき隊が販売しているアンティファのTシャツを着て、共産党議員がしばき隊の広告塔を務めている事実を明らかにするべきだろう。 批判的に報道するか、肯定的に報道するか、それはテレビ局の自由である。 アンティファ運動にコミットする理由を共産党議員から聞くべきで、その政治的主張を言わせるべきだろう。 マスコミがしばき隊を隠し、都市伝説化することで、しばき隊は過去の数多くの暴力事件や不祥事を隠すことができ、世間の糾弾を受けることなく済まされてきた。 左翼世界で免責免罪され、市民権どころか表彰状を与えられてきた。 しばき隊リンチ事件にも光が当たらなかった。 日本の左翼は日に日にしばき隊化し、劣化して説得力を失っている。 「ネトウヨ」を左に置き換えた相似形の集合になっている。 その結果、回答者の58%が、全米で発生している抗議活動や暴動の取り締まりについて、警察とともに軍隊を動員することに賛成と回答した。 反対は回答者の30%にとどまった。 newsweekjapan. php であるならば、これはアンケートものにはふけ勝つな調査方法、対象者、回答数などのエビデンスのない記事です。 そこで、モーニング・コンサルトのオリジナルを参照すると最新記事では、ニューズウィークジャパンと真逆の結果を伝えています。

次の

“アンティファ”

アン ティファ t シャツ

アメリカ・ミネソタ州で黒人男性が警察官に首を押さえつけられて死亡した問題で、人種差別に反対する抗議運動が、 全米50州に拡大している。 運動はもはや当初の目的を忘れられ、各地で暴動となり、 放火や略奪、破壊行為の嵐が吹き荒れている。 トランプ大統領は5月31日、これら抗議運動の暴徒化を、ANTIFA(アンティファ)という組織が扇動しているとして、Twitterで「 アメリカは、アンティファをテロ組織に指定するだろう」と表明した。 The United States of America will be designating ANTIFA as a Terrorist Organization. — Donald J. Trump realDonaldTrump May 31, 2020 The United States of America will be designating ANTIFA as a Terrorist Organization. — Donald J. Trump realDonaldTrump ANTIFAとは? ANTIFAはanti-fascistの略称だ。 アンチ・ファシスト、つまり直訳すれば「ファシストに反対する勢力」の意となる。 BBCなどによると、1930年代のドイツで台頭した反ファシスト運動にルーツがあるとされているが、現在はアメリカやイギリスなどにも拠点を置く、中心組織や指導者を持たない、いわば理念共有体だ。 財産の破壊、暴力行為と言った過激な抗議手段も辞さないことから、「 極左運動」「 極左の武装勢力」ともいわれる。 黒いマスクや服装を着用しているのが特徴だ。 アメリカでは、2017年1月のトランプ大統領の就任前後に台頭。 反人種差別主義、反白人優越主義、反性差別主義などを掲げ、KKK(クー・クラックス・クラン)やネオナチに対抗し、抗議活動を繰り広げてきた。 エコロジー活動家、グレタ・トゥンベリも、このアンティファのTシャツを着ており、その影響下にあることを示唆している。 日本にもうごめくアンティファの影 日本においても、 「レイシストをしばき隊」(通称しばき隊)と称する、日本人差別の暴力主義的左翼集団が、このアンティファに秋波を送って認定され、事実上の日本のアンティファ下部組織となっている。 また、 有田芳生議員ら、某民主党の一部議員も、その参加者や支援者とつながりがあることが指摘されている。 今回、アメリカがテロ組織への認定に踏み切ったことで、日本でもアンティファに対する風当たりや取り締まりは強まることが予想される。 ファシストは反ファシズムの皮を被る。 スターリンやポルポトや文化大革命の例を引くまでもなく、 共産主義、暴力主義は、歴史上あまたの悲劇を起こし、数え切れぬ人々が犠牲になってきた。 日本の治安を乱す暴力主義的革命組織、アンティファとそのシンパは国内から一層されねばならない。

次の

グレタトゥーンベリとANTIFA(アンティファ)の関係は?海外の反応

アン ティファ t シャツ

ニューズウィークのを見ると、世論調査で「アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持」とある。 俄に信じられず、目を疑う情報だが、米調査会社モーニング・コンサルトによる報告であり、それなりに根拠のあるデータなのだろう。 NHKなどテレビ報道を見ていると、米国の国民は、今回のジョージ・フロイド殺害に抗議するデモを圧倒的に支持していて、それを軍を使って弾圧しようとするトランプに反発しているように見える。 トランプが完全に孤立化していて、今にもホワイトハウスが群衆に包囲され、大統領辞任に追い込まれるのではないかという雰囲気すら感じられる。 トランプを擁護したり、トランプ側に一分の理を認めている論調は、日本のマスコミ報道では全く確認できない。 なので、この数字は意外だった。 やはり、全米で起きている暴動が影響し、暴徒による放火や略奪や暴行に眉を顰めているのだろうか。 この世論調査に意味と根拠があるとするなら、われわれが考えなければいけないのは、米国の保守岩盤の厚さであり、彼らのマスコミ不信であり、4年前の大統領選時に起きた旋風現象とその中身をなす論理や動機だろう。 「トランプ劇場」を取材し検証したNHKの番組では、不法移民が持ち込み売り捌いて蔓延する麻薬禍によって、家族を中毒死で失ったという証言が紹介されていた。 KKK団の復活の映像もあった。 地方に住んで熱烈にトランプを支持する没落白人層の眼からは、都市で過激な行動に出ている者たちは、軍の武力で粉砕してよいrogue(ならず者)であり、神聖な合衆国を破壊するところの容認すべからざるテロリストなのだろう。 当時、トランプは「パンドラの箱を空けた」と言われたが、今もそれは続いていて、いわゆる米国の価値観の崩壊が続いている。 トランプはそれを利用し、再選戦略のキーにしている。 そのトランプが、31日、アンティファ(ANTIFA)をテロリスト指定すると発言し、今週はこの問題で日本のネットが騒動になっている。 この問題については、6月1日のBBCのと6月2日のAFPのが上がっていて、この二つが日本の報道コメントの基調になり、日本人の受け止め方の標準を形作っている。 トランプを批判し、アンティファには中立的な見方で臨んでいる姿勢と言える。 明らかに、トランプは現在の米国の危機と混乱の事態の責任をアンティファに押しつけていて、アンティアを悪の標的にして攻撃することで、白人警官の暴挙や差別から目を逸らし、事件を起こした白人警官に宥和的で同情的な自らの立場を正当化している。 事件の意味をスリカエている。 これは、が正しく批判しているとおりだ。 左翼のアンティファを国家と国民の敵に設定し、憎悪を集中させることで、米国世論を右翼の側に回収し、大統領選を有利にしようと目論んでいる。 そうしたトランプの思惑は、現在のところマスコミからも暴露され、批判を受け、挫折と失敗に向かいつつあると言える。 アンティファのどこかの組織が具体的に暴動を計画したとか、扇動して実行したとかの証拠がなければ、国民を納得させることはできず、これを大統領令の政治までキャリーすることはできないと予想される。 仮に強引に発令・実行しても、明確に憲法違反であり、活動家の逮捕・起訴は州裁判所の決定によって即無効化されるに違いない。 今週、日本のネットでこの問題が盛り上がった際の関心の焦点は、日本のアンティファ運動の存在であり、そして、日本のアンティファ運動と野党との関係の如何だった。 右翼は、米アンティファを非合法化するというトランプの予告を奇貨として、日本のアンティファと日本共産党・立憲民主党との関係を指弾する挙に出、野党を難詰する攻勢をかけ、いわば鬼の首を獲ったような成果に沸いている。 いかな四面楚歌のトランプといえども、現職の米国大統領には違いなく、現在の日米関係からすれば、そして米国には絶対忠誠を誓う立憲民主党からすれば、些か具合の悪い政治的事態の出来には違いない。 対応に苦慮し、喧噪が大きくならないよう神経を使って、ネット右翼の挑発を避け、見ざる聞かざる言わざるのポーカーフェイスに徹しているように窺われる。 また、そうした野党側の苦渋と狼狽を見越して、右翼はここぞと証拠写真を発掘・提示し、説明責任を求めて意地悪く追い立てている。 右翼にとっては、野党を小突く格好の材料を得た図だ。 右翼の野党攻撃に便乗するつもりは毛頭ないが、野党、特に共産党がアンティファとの関係をどう説明するか、トランプの警告にどう対応するかは、私にとって重要な関心事項である。 日本のアンティファはしばき隊そのものだ。 アンティファの旗を振ってデモ行進しているのはしばき隊の活動家であり、アンティファのTシャツを販売しているのはしばき隊(CRAC商店)である。 しばき隊がアンティファを積極的に名乗るようになったのは2015年頃だろうか、それとももっと早い時期だっただろうか。 しばき隊の名称のままでは格好悪く、CRACでは反在特会に特化し矮小なイメージに止まってしまう。 運動を普遍化するべく、お化粧して見栄えをよくするべく、米国の極左反体制運動のブランドを直輸入してネーミングした。 米国の ANTIFA が格好よく見えたのだろうし、先進的な表象を持つ、国際的な左翼運動の日本版のポジションを得て、評価と地歩を安定化させようと目論んだのだろう。 特に昨年、組織の資金が余ったのか、赤黒旗を大量に新調して示威するようになった。 米国の人々が、米国のアンティファをどう思っているかはよく分からない。 2011年のOWSの運動のときには、すでにオークランドやポートランドに姿を現し、覆面黒づくめの集団で派手に活動していた。 おそらくその一部は、米国のミレニアル世代での社会主義の流行を牽引し、活発にマルクスの古典の研究を始めた若者たちだろう。 であるとすれば、米国のアンティファに特に悪い印象を持つ理由はない。 だが、日本のしばき隊は、マルクスや社会主義とは全く無縁の連中であり、マルクスなど1ページも読んだことのない、共感どころか興味も関心もない、下品で低俗で粗暴な中年たちの集まりだ。 やることと言えば、誹謗中傷と性的暴行と暴力事件ぐらいのもので、左翼世界用の宣伝のルーティンワーク(=業界商売)でデモをやっているに過ぎない。 アンティファも、おかしな連中に名前を使われたものであり、いわゆる文化の盗用である。 ファッションとシンボルの流用だ。 しばき隊にはこの要素と傾向が顕著で、Tシャツのデザインもパクリばかりで世間の嘲笑を誘っている。 日本のマスコミは、相変わらず「しばき隊」を報道に乗せない。 「しばき隊」という語を禁句にし、その存在と活動を隠蔽して伝えない。 常識で考えて、トランプの今回の発言がニュースバリューを持つのであれば、日本にもアンティファを名乗る集団が存在して活動している事実を報道するべきだろう。 しばき隊が販売しているアンティファのTシャツを着て、共産党議員がしばき隊の広告塔を務めている事実を明らかにするべきだろう。 批判的に報道するか、肯定的に報道するか、それはテレビ局の自由である。 アンティファ運動にコミットする理由を共産党議員から聞くべきで、その政治的主張を言わせるべきだろう。 マスコミがしばき隊を隠し、都市伝説化することで、しばき隊は過去の数多くの暴力事件や不祥事を隠すことができ、世間の糾弾を受けることなく済まされてきた。 左翼世界で免責免罪され、市民権どころか表彰状を与えられてきた。 しばき隊リンチ事件にも光が当たらなかった。 日本の左翼は日に日にしばき隊化し、劣化して説得力を失っている。 「ネトウヨ」を左に置き換えた相似形の集合になっている。 その結果、回答者の58%が、全米で発生している抗議活動や暴動の取り締まりについて、警察とともに軍隊を動員することに賛成と回答した。 反対は回答者の30%にとどまった。 newsweekjapan. php であるならば、これはアンケートものにはふけ勝つな調査方法、対象者、回答数などのエビデンスのない記事です。 そこで、モーニング・コンサルトのオリジナルを参照すると最新記事では、ニューズウィークジャパンと真逆の結果を伝えています。

次の