戒潟魁吏。 「かくしごと」姫の母親がいない理由は死亡それとも離婚?誰かなのかについても

後藤可久士 (ごとうかくし)とは【ピクシブ百科事典】

戒潟魁吏

まだアニメでは母の詳しいことは明かされていませんが、漫画では「 海難事故で10年以上行方不明」となっています。 死んでいると解釈できるコマもあり、「死んでいる。 」と言われていますが、それでも可久氏は必死に探していました。 貯金は奥さんの捜索にほとんど使っちゃったみたいというところもあります。 【かくしごと】姫には弟がいる? 姫が可久士の「かくしごと」を探していると、目の前に男性が現れ、「初めまして、姉さん。 」と、姫に言います。 そこで姫はその男性に向かって「姫はお父さん 可久士 の隠し子?」と、聞きますが、「ちげーよ!」と返されます。 彼は可久士のことをよく知っており、姫ちゃんに実情を教えてくれます。 この男性は姫の弟なのでしょうか? 【かくしごと】姫の弟の正体はいとこだった! 姫に声をかけた男性は石川斎三 姫ちゃんにとっての祖父 の孫でした。 姫の父:後藤可久士は石川斎三の妾との隠し子で、この男性は石川斎三の梨園の妻 本妻 の子供なので腹違いの、いとこというわけですね! でも、なんで「姉さん」と言ったのでしょうか? 微妙に血のつながりがあって、姫ちゃんの方が年上だからでしょうか…? いずれにしても、姫は「私とお父さんが本当の親子で安心した。 」と言います。 【かくしごと】可久士は隠し子だった! 姫は隠し子ではなかったのですが、 実は可久士の父 姫ちゃんの祖父 は有名な歌舞伎役者 :石川斎三の妾の子供であるため、隠し子だったのです。 という事実も、姫ちゃんを「姉さん」と呼ぶいとこに明かされます。 ちなみに姫ちゃんの母方祖母は「戒潟魁吏 いましがたかいり 」という名の日本画家です。 おそらく雅号ですが、すごい名前ですね…こんな変な名前、後に何か伏線でもあるのでしょうか? 【かくしごと】可久士は事故で記憶喪失になる おさらいになりますが、可久士は後藤可久士として「きんたましまし」というちょっと下品な漫画がヒットしたことがある漫画家です。 妻 つまり姫ちゃんの母親 は前述した通り亡くなっています。 その際にそのことが週刊誌に暴露されてしまい漫画家である後藤可久士はネットで大バッシングを受けてしまうのです。 姫ちゃんが中学生の時に漫画業界を去り、可久士は少年週刊誌の倉庫で運搬の仕事をしていたが、作業中に大量の少年週刊誌が崩れ落ち、可久士はそれに巻き込まれ1年近く意識不明の重体になってしまいます。 姫ちゃんの18歳の誕生日に意識を取り戻し、姫は病院に可久士に会いに行くも、可久氏には10歳の時の姫しか自身で認識しておらず、目の前の姫ちゃんが誰であるかわからなかったため「誰?」という冷たい言葉を口にしてしまったのでした。 事故の影響で可久士は約7年間の記憶を失っていたのです。 まとめ!「かくしごと」のタイトルの意味 漫画のタイトルの意味ですが、• 漫画のショートサブタイトルもあらゆる実際に存在する漫画の名前をもじっており、久米田先生は言葉遊びが上手いなぁ!と思わされます。 最後に、本編を知りながらアニメを観てると久米田康治先生の「さよなら絶望先生」を思い出しますね… さよなら絶望先生の主人公 :糸色先生と可久士の声優さんがどちらも神谷浩史さんなんですよ…! かくしごとはいまのところ完結していないので、絶望する内容じゃないといいなとファンながらに思います。

次の

後藤姫の母親や祖父は誰?日本画家と歌舞伎役者の血筋|声優やプロフィールも【かくしごと】

戒潟魁吏

「そう 俺の隠し事は 描く仕事だ」 「お父さんが一番嬉しいのは 姫が元気に大きく育つことかな」 概要 CV: 後藤可久士とは、『』のキャラクター。 デビューの後に漫画『キンタマシマシ』で連載を勝ち取り、これが現在の代表作となっている。 一方でに『風のタイツ』という下ネタを連載し、微妙に位置をキープしつつ人気を維持している。 デビュー直後には作品を で描くという奇行があり これは娘が生まれた事で人間的に成長しなくてはという一念発起を抱いた末に苛烈な精神的リハビリを経てなんとか改善された 様々な局面で気難しいところがあり、長じては娘に関する禁側事項も加わり、結果として接するのに面倒臭い人間関係を構築してしまったツケとして、編集に嫌がられたことがある。 一時期は後藤の担当は「後藤番」として当番制になっていた 下ネタ漫画家として定評がある一方、本人が力を入れた部分が評価されなかったりと、自分の想定と世間の評価がずれていることを悩んでいる。 あと 本名デビューであったため、名がそこそこ売れている事で様々な手続き ポイントカードの入会など の際に「あの漫画家の!」と言われてしまうため、比較的どーでもいい 公的な身分証明がいらない 手続きの際には『 後藤和士 ごとう かずし 』の偽名を用いている時がある。 のことを最優先に考え行動しているものの、紛らわしい言動から周りのから勘違いされまくっている。 また、作品に前述の特徴があることから、娘に「仕事はサラリーマン」と言い、自らが漫画家である事を隠しており、娘に自身が下ネタ漫画家である事がバレる その上で娘がグレてしまう 事を何よりも恐れている。 関連タグ :原作者とキャストが同じアニメ作品の主人公。 :、キャストが同じということから「年を取った」と言われる。 その上で義父も日本画家であり、とともに紛れもない 芸術家一族の血筋である。 実父は界の大名跡のひとつ 石川家の宗家。 しかし母親はその父親の 愛人であり、そうした事情から可久士はとされ、家の籍には入れて貰えなかった。 もちろん実父からは父として愛情を注がれたことは、ほとんど無きに等しく、その意味では 名家の事情 社会的権威 の犠牲者 環境虐待の被害者・サバイバー という身の上でもあり、この事から「親が子どもにきちんと接してあげられる、普通の幸せな家庭」への憧れがあった。 その一方で、この生い立ちにより「父親という存在」に対してはトラウマじみた嫌悪も併せ持っている。 下ネタ漫画家となった事には、こうした権威の犠牲者にされた事への苦しみや怒りによる反発もあったものと見られる そのためも自ら祝った事など無かった。 義父 妻の父 である日本画家・戒潟魁吏とは当初に結婚を反対された 直接的な理由は可久士が下ネタ漫画家である事だが、実はそれは本当の理由ではなく、戒潟本人と後藤家本体にかつて確執があったらしき事が示唆されている 事から険悪な関係で、自分たちに関わって欲しくないと明言するほど。 しかし実際、義父からは心から気にかけられており、様々な局面で実父からはついに得られなかった「父として」の愛情を注がれている。 しかし「父」や「権威」にトラウマのある可久士には、その愛情は、ありがたい反面で苦痛のタネでもある 一方で石川家に対しても、愛憎こそ渦巻くものの、現在は代替わりして実権が 腹違いの 妹一家に移っている事もあり、妹に対しては「後に自分に何かがあったときには娘を助けてほしい」と姫のために素直に頼るなど決して険悪なだけの関係ではない事も示唆されている。 関連記事 親記事.

次の

かくしごと登場人物

戒潟魁吏

かくしごと|後藤姫の母親の名前や声優 かくしごと第8話で出てきました家族でカレーを食べている絵画ですが、明るい版がOPにあり背景色から鎌倉の家のことです。 となると、母が生きている間はずっと鎌倉に住む予定だったのです。 (高校生の姫も鎌倉の家は本当は家族で住むものと言っていた)やはり中目黒への引越しは急なもの。 この謎めいた感じが母親の魅力を引き出しているのでしょうね。 姫の母親の風貌は回想シーンで確認することができ、見た目は姫と瓜二つ。 アニメ版では役柄名としては「 後藤夫人」と記されていました。 後藤夫人こと姫の母親の声優を務めたのは 能登麻美子さんでした。 能登麻美子さんと言えば、今までにも数多くのヒロインキャラを演じてきた大物声優。 透明感あふれる清純系のキャラを演じることが多く、まさに姫の母親にふさわしい声優さんではないかと思います。 かくしごと|なぜ後藤姫の母親はいないのか なぜ、そもそも姫の母親は登場してきていないのでしょうか? それは、18歳の姫が描写されているシーンで10年以上前から 行方不明になっていたということが明かされています。 つまり、姫が幼い頃から母親は行方不明状態だったのです。 単行本第8巻では行方不明の経緯も明らかにされており、 海難事故に巻き込まれたのだとか。 そして、可久士は漫画で得た収入をすべて、妻の捜索に使っていることも明らかにされました。 しかも浦終い(うらじまい)が終わってからも捜索のためにお金をつぎ込んでいたのだとか。 浦終いとは、海難事故があった時、事後処理の儀式のこと。 つまり、姫の母親は、消息不明でありながらも死亡したと見直されたということです。 それでも、捜索にお金をつぎ込む可久士。 この言動から、可久士の妻に対する愛は計り知れないほど大きいものだと伝わってきますよね。 10年以上もの歳月をかけても見つからないのであれば、ほぼ亡くなったと思いそうですが、明確に「死んでいる」とは表現されていません。 もしかしたら、どこかで生き延びているかもしれないので、奇跡的な感動の再会を迎えられることを祈っていきましょう。 かくしごと|母方の祖父は日本画の大家 だてなおとさん知り合いかよ! — 大坪白わさ山葵* siroawasabi 実は、姫の母方の祖父は超有名人です。 日本画の大家として、数々の名作を作り出しています。 さすがは日本画の大家ということもあり、お金をたくさん持っているのか、毎年のように姫にランドセルを送っています。 ランドセルなんて毎年変えるようなものじゃないでしょ!とツッコミを入れたくなりますが、姫に対する愛情が溢れてしまったのでしょうね。 アニメ版では顔が影で隠れていて、素顔ははっきりと明かされていません。 さらに言うと、第4話では姫の祖父が描いた絵画が登場していました。 絵のタッチからはちょっと暗いイメージが伝わってきますよね。 これも姫の母親が行方不明になってしまったことが影響しているのかもしれません。 そして、後藤家に犬のロクがやってくるのですが、 この犬は祖父が飼っていた犬の4代目。 かわいらしい姫の一面はここでも炸裂していましたw まとめ:かくしごと|姫の母親.

次の