アリス マッドネス リターンズ 続編。 「アリス イン ナイトメア」の続編「アリス マッドネス リターンズ」が日本国内でも7月21日に発売決定

Alice: Madness Returns™

アリス マッドネス リターンズ 続編

エレクトロニック・アーツは,アクションアドベンチャー 「Alice: Madness Returns」(アリス マッドネス リターンズ)を2011年7月21日に日本国内で発売すると発表した。 CEROレーティングはZ(18歳以上対象)となる。 本作は,2000年にPC向けに発売された「」の続編だ。 ビジュアル,ストーリー,ゲームデザインなどさまざまな部分に新たな要素が取り入れられているが,前作で好評を博したダークな世界観は本作でも健在とのこと。 今回の物語では,前作のエンディングから10年後の世界が描かれる。 悲惨な火事で家族全員を失った精神的ショックから立ち直れずに,精神病院で10年を過ごした主人公アリス。 なんとか退院はするものの,彼女は精神科医に引き取られる。 そして,悪夢のような幻覚に悩まされながらも,家族の不可解な死の真相を掘り起こすべく,薄暗く荒涼としたロンドンを飛び出して,豊かで刺激的な不思議の国へと向かうことになる。 EAとSPICY HORSE GAMESがタッグを組んだ「アリスマッドネスリターンズ」 日本発売7月21日に決定 エレクトロニック・アーツ株式会社は、2000年にPCで発売をして好評を得た「アリス イン ナイトメア」の続編「アリス マッドネス リターンズ」を「PlayStation3版、Xbox360版、PC版にて7月21日に発売することを発表いたしました。 前作と同じダークなスタイルはそのままに、全く新しいビジュアル、ストーリー、ゲームデザインを採用した本作は中毒性たっぷりな楽しいアクションアドベンチャーとなっています。 本作では、主人公アリスが、崩壊し荒れ果てた不思議の国での冒険を通して、彼女の呪われた過去と傷ついた心の裏側に隠された真実を解き明かすまでを描いています。 隅々までこだわり精密に作られた世界を駆け抜け、風変りな登場キャラ達との出会い、メレー系武器、邪悪な敵と繰り広げる壮大なバトルの大冒険がプレイヤーを待ち構えています。 「アリスシリーズは、クラシックなスタイルのフィクションで、且つ強烈なキャラクター、場所、体験を提供するクラシックスタイルのフィクションです。 私たちはまず、この色彩豊かなアリスの世界をサイコと錯乱のイメージで埋め尽くし、作り変えるところから始めました。 」と、American McGee(Spicy Horse Games: 共同経営者兼シニア・クリエイティブディレクター)は述べています。 「世界中のアリスシリーズのファンやゲームファンと、このビジョンを共有できる日が待ちきれません。 」 本作は前作のエンディングから10年後の物語。 恐ろしい大火事で家族全員を失った精神的ショックから立ち直れずに苦しむアリスの姿から物語は始まります。 精神病院に収監され、10年という時をそこで過ごしたアリスは、やっとのことで出所し、未だに治らない悪夢のような幻覚の克服に手をかしてくれそうな精神科医の元に引き取られます。 そして、家族の不可解な死の真相を掘り起こすべく、薄暗く荒涼としたロンドンを飛び出し、豊かな刺激的な不思議の国へと向かうことになります。 2000年には、「アリス イン ナイトメア」がカルト的なヒットになりました。 そして10年後の今回、Spicy Horse Gameの精鋭たちを制作陣として率いて復活することを発表でき、非常に喜んでいます」と、シニア・バイスプレジデントでありEAパートナーズのジェネラルマネジャーを務めるDavid DeMartiniは語っています。 「アリスシリーズは今後も世界中でファンに愛されるものであり続けます。 この「アリス マッドネス リターンズ」でシリーズとしての新しい幕開けを早く皆さんに体験していただきたくて待ち切れません。 」 Spicy Horse Games とは:中国上海のゲーム開発スタジオ。 2006年後半に、業界のベテラン、アーティストなど有志のエキスパート達によって、PCやコンソール市場にエキセントリックなゲームコンテンツを提供することを掲げ設立。 ゲーム開発は物語、アート、楽しさが全てを信条に開発を続けている。 独自の制作モデル、独自の(濃い)社内カルチャー、ゲーム開発を強化・促進する面白いロケーションも特徴。 C 2011 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo and Alice: Madness Returns are trademarks of Electronic Arts Inc. All other trademarks are the property of their respective owners. (C)2011 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo and Alice: Madness Returns are trademarks of Electronic Arts Inc. All other trademarks are the property of their respective owners. (C)2011 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo and Alice: Madness Returns are trademarks of Electronic Arts Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.

次の

アリス イン ナイトメア

アリス マッドネス リターンズ 続編

上海でSpicy Horseを率いるゲームデザイナーの アメリカン・マギー(American McGee)氏は,で「アリス」シリーズの最新作,を開発中であることを発表した。 マギー氏は,id Softwareで 「DOOM II」や 「Quake」のレベルデザイナーとして働いたのちにElectronic Artsに入社し,2000年にを発表した。 ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」を題材にしたアクションアドベンチャーで,ゴシックホラー調のアートワークやストーリーから日本でも評判になった。 2011年には続編のがリリースされており,「Alice: Asylum」はそれに続くシリーズ第3弾となる。 「Alice: Asylum」の名前が出てきたのは2017年の9月頃で,「アリス」のIPを保有するElectronic Artsに対して新作の提案を行うため,コンセプトやアートワークなどを作成中であることが発表されていた。 また,新作を望むファンの数をアピールするため,メーリングリストを公開し,登録を呼びかけていた。 こうしたことが功を奏して,プロジェクトが本格始動したようだ。 すでにではファンの要望などを集めており,アートワークも何点か公開されている。 開発はまだ初期段階で,詳細は不明だが,「アリス イン ナイトメア」の プロローグ的な内容で,火事によって両親を目の前で失ったトラウマに苦しむアリスの葛藤にフォーカスした物語になるという。 「Alice: Asylum」は,PCおよびコンシューマ機向けに2021年のリリースを予定しているとのこと。 実際にプレイできるのはまだ先のことになるが,マギー氏の独特な世界観に魅了されたゲーマーも多いので,続報に期待したい。

次の

【2019年版】アリスインナイトメアをWindows10でプレイする方法

アリス マッドネス リターンズ 続編

『 アリス マッドネス リターンズ』( Alice: Madness Returns)は、により発売されたダークテイストな。 のプロデュース下、のによって開発された。 前作の物語の発端となった火災の真相に迫る続編となる。 なお、日本語版『アリス マッドネス リターンズ』では吹き替えは採用されなかった。 製品の購入者には前作の『アリスインナイトメア』の北米版を無料でダウンロードできる特典が付いた。 物語 火事で家族を亡くし、心の傷から重い病を患い、当時の記憶をも失したままラトレッジ精神病院で長い年月を過ごしていたアリスは、治療によって徐々に精神の安寧を取り戻し遂に退院の時を迎える。 しかし、未だ不気味な幻覚に悩まされ続けていたため、身元引受人兼新たな主治医となるロンドン在住の医師バンビー氏の元で、住み込みで働きながら治療を受け続けていた。 その後、家族を襲った悲劇のあの火事がただの事故ではなかったことを知ったアリスは、再び暴力と無秩序の吹き荒れるワンダーランドへと足を踏み入れてゆく。 彼女の血と狂気に塗れた冒険は徐々に現実世界のロンドンにまで拡大していき、空想世界と現実世界がアリスの精神の中で激しく交錯していく。 その中で、突きつけられていく数々の残酷な真実に傷つきながらも、記憶を取り戻して真実を突き止め、そして荒れ果てたワンダーランドを再びこの手で救う為に、アリスは戦いへ身を投じるのであった。 「」も参照 アリス 本作の主人公。 精神病院を退院しロンドンで暮らしている。 長かった髪を短くしているが、不思議の国へと舞い降りる際には前作のアリス同様、ストレートのロングヘアにブルーのエプロンドレスという姿に変わる。 チシャ猫 不思議の国の住人。 なお、前作と異なり、今作では特定のステージにしか召喚できない。 公爵夫人 2番目に出会う不思議の国の住人。 前作ではアリスを食べようとしたが、彼女に倒されてからは豚肉が好物になったらしく本作では襲ってこない。 ブタ鼻を捕まえさせる為にアリスに武器の一つである「ペッパーミル」を与える。 また、不思議の国の各地にいるブタ鼻を捕まえていくとその場で夫人から報酬が貰える。 今作からの登場人物 バンビー アリスの身元引受人兼主治医であるロンドン在住の医師。 おもちゃ 前作に比べるとおもちゃ 武器 の種類こそ減ったものの、それぞれの役割が明確になった。 おもちゃは敵を倒したり、オブジェクトを破壊すると出てくる歯を集めることで強化することが出来る。 ヴォーパルナイフ 序盤で入手する基本の。 ダメージは低いが素早い動作で連続攻撃が可能。 ホビーホースと組み合わせたコンボも可能。 ホビーホース 中盤で入手する高威力の打撃武器。 動作が遅めで連続攻撃もできないが、大ダメージを期待できる。 ペッパーミル 序盤で入手できる射撃武器。 マシンガンのようにコショウを連射して攻撃ができる。 ワンダーランドのどこかにいるブタ鼻を撃ってをさせることで新たな道や隠された通路が開く。 ティーポットキャノン 中盤で入手する高威力の射撃武器。 発射するには一定時間チャージが必要で、のように山なりに飛んでいく。 時限爆弾 時計をもったウサギの形をした爆弾。 一定時間で爆発するが、任意での起爆も可能。 敵を惹きつける効果があり、特定のスイッチの上に重しとして置いておくことも出来る。 カサ 敵を注目した状態で使用する防御アイテム。 タイミングよく使うと敵の攻撃を跳ね返すことも出来る。

次の