ギガライト ギガライト 2 違い。 ドコモのギガライトをどこよりも楽しく解説します! 難しい内容をわかりやすく!

ドコモの5Gギガホ・5Gギガライトプランまとめ!4Gとの違いや料金・キャンペーン・特徴を徹底解説

ギガライト ギガライト 2 違い

変えないほうがよかったり、変えるときの注意点を今回はまとめていくよ。 現在のプランより安くなる• 現在のプランの方が安い 単純にこれだけですが何がポイントになるのか解説します。 dカードはドコモが発行しているVisaまたはMasterのクレジットカードで年会費0円なので基本的にデメリットはありません。 月々の料金が高くなるなら無理に変える必要はありません。 申込みは• でのオンライン手続き• インフォメーションセンター 151• ドコモショップ店頭 でのいずれかで可能です。 今からプラン変更をしてすぐに解約しようと思っても、即時で安くならないので気をつけましょう。 解約をしなければ違約金は発生しないので、無理に高いプランにすると無駄な料金を払ってしまうことになります。 例外として、次回更新月から数ヶ月で解約や乗り換えをする予定があるなら変えてもいい程度に考えておきましょう。 適正化どうかの確認はを利用すると割と正確な結果が出ます。 つまり最初から解約金が1,000円になるため、気に入らなければ乗り換えや解約がしやすくなっています。 しかし、短期解約は次回以降ドコモを契約できなくなる恐れがあるため注意が必要です。 つまりキャリアを行ったり来たりすれば得だったわけで、それを短期間に繰り返すと契約不可になりました。 「ドコモ 短期解約」などで検索するとでてきますが、特別な理由がない以上は短期解約は控えましょう。 大まかに下記7つは熱いキャンペーンなので必見です。 公式サイトへのリンクを貼っていますが、別途記事にまとめているものをその下で紹介します。 Amazonプライムはこちらの記事でまとめています。 まとめ• プラン変更の場合は更新月をすぎるまで違約金は9,500円• 違約金が1,000円、dカードを支払いにしていれば0円なので乗り換えしやすい• 短期で乗り換えを繰り返すことはNG 今まで自分でプランを最安になるよう組み込んでいなければ安くなる可能性もあるので一度診断をしてみるといいかもしれません。 格安SIM等に乗り換えを検討している方は現在の更新月に注意しましょう。

次の

ドコモの新プラン・ギガホとギガライトは本当に安いか旧プランと比較!

ギガライト ギガライト 2 違い

2019年10月1日より提供開始されている、新しいギガホ、新しいギガライトへの変更手続きを実施してみました。 私が元々利用しているのはギガホですが、今回は ギガホ2ではなく、「 ギガライト2」へと変更してみることにしました。 10月以降、旧プランであるカケホーダイプランなどから変更される場合には、ギガホ2/ギガライト2のみが選択できる形となり、旧ギガホ/ギガライトは選択できなくなりました。 そもそも何が違うのか、どう変わるのか、どういう風に変更手続きをすればいいのか、詳しく解説していきます。 関連記事:「」 目次• ギガホとギガホ2/ギガライトとギガライト2の違い 2019年9月30日まで提供されていたギガホ/ギガライトと、10月1日以降に開始されたギガホ2/ギガライト2は、それぞれどういう違いがあるのでしょうか。 基本的なプランの料金についてはどちらも全く変わりはないのですが、変わった点として、 2年定期契約を選択した際の解約金、そして2年定期契約を選択しなかった場合の月額料金が異なります。 以下の通りです。 また、dカード/dカード GOLDを所有している場合には、定期契約を選択しなくても、月額料金が170円アップすることなくそのままの料金で利用し続けることができるため、メリットはより大きいです。 まったく縛られることなく、いつ解約しても解約金がかからない状態にしつつ、料金はそのまま維持することができる、というわけです。 仮にdカード/dカード GOLDを所有していなかったとしても、月額料金が170円アップしても問題ないなら、2年定期契約を利用せず解約金なしの状態で利用することも可能です。 とはいえ、早々にドコモを解約することは考えていない、という人が大半でしょうから、旧ギガホ/ギガライトを利用していても慌てて変更する必要はないようにも思えると思います。 それはその通りなのですが、注意したい点としては、 仮にギガホ2/ギガライト2への変更をしたとしても、次の更新期間まで現状の解約金は留保される、という点です。 つまり、今すぐ私がギガホからギガホ2に変更したとしても、解約金は次の更新月までに解約をするとそのまま9,500円かかってしまう、というわけです。 そして、 次の2年定期契約期間に入る前までにギガホ2/ギガライト2への変更をしておかないと、また2年、解約金9,500円のままで契約が延長されてしまう、というのが最も気を付けたいポイントです。 そういう意味で、更新月によってはすぐに急いで変更手続きをしておいが方がいい人もいる、ということです。 仮にすぐにギガホ2/ギガライト2への変更手続きを実施したとしても、2019年9月までが更新期間で10月から次の2年に入ってしまった人は、最長で約2年、 解約金9,500円がかかる状態が続くことになります。 まぁ、いずれにしてもドコモの解約を考えていなければ関係ないのですが。 ギガホ2の料金詳細 ドコモのギガホ2の料金詳細を改めて確認します。 以下、すべて税抜価格です。 さらに2020年1月1日からは、 ギガホ増量キャンペーンにより、30GBの容量が60GBへ大幅増量となります。 ギガライト2の料金詳細 ギガライト2の料金を確認します。 以下すべて、税抜価格です。 従来のギガライトのまま利用されている場合は、早めにギガライト2に変更しておきましょう。 ドコモ光セット割は、ギガライトのステップ1では適用なしですが、ステップ2で500円引き、ステップ3、ステップ4では月額1,000円引きになります。 みんなドコモ割は以下の通りです。 1回線 2回線 3回線以上 割引額 なし -500円 -1,000円 割引適用後の料金 ~7GB 5,980円 5,480円 4,980円 ~5GB 4,980円 4,480円 3,980円 ~3GB 3,980円 3,480円 2,980円 ~1GB 2,980円 2,480円 1,980円 3回線以上で1回線あたり1,000円引きになるので非常にお得です。 是非家族で利用したいところですね。 ギガホからギガホ2/ギガライト2への変更方法 ということで、私は解約予定は今のところ全くないのですが、縛られるよりは縛られない方がいいので、早速変更手続きを実施してみました。 まだ手持ちの回線は旧プランであるカケホーダイプランやシェアパック利用回線がほとんどなのですが、1回線だけ先日ギガホに変更したので、その回線でMy docomoにて手続きしました。 ギガライト2/ギガホ2、ギガライト2:2年定期/ギガホ2:2年定期の4パターンから選択ができました。 私は今 ギガホ利用中かつ dカード GOLD所有なので、普通にそのまま変更するなら ギガホ2の定期なし(dカードお支払割が適用するため)ですが、もう容量はそれほど使わないので、 ギガライト2の定期なしを選びました。 ギガホからギガライトなので、翌月適用になりました。 先月中にギガライトへの変更手続きをしておけばよかったですが、まぁ仕方ないです。 注意点として、ギガホ割が終了しますよ、という案内が出てきて、ギガライト2の注意事項が延々と出てきました。 特に私の場合は問題になる点はありませんでしたが、読み飛ばすことなく、しっかりと読んでおきましょう。 その後、非常に重要なポイントが出てきました。 Xiギガホの廃止予約が確定した場合、解約金(10,450円)は契約期間内は保留になります。 解約金保留期間中に回線契約等を行った場合、保留したXiギガホの解約金(10,450円)を請求させていただきます。 解約金保留期間終了月の翌月以降は、Xiギガホの解約金(10,450円)は破棄となります。 先に上で案内した部分ですね。 次の更新期間までに解約をすると、引き続き解約金9,500円(税別)がかかるということです。 ただし、今回「ギガライト2・定期契約なし」に変更することで、次の更新期間以降の解約金は破棄され、解約金なしとなります。 そのまま登録し、これで手続き完了です。 翌月、11月以降はギガライト2となり、定期契約はなしですが、dカードお支払割により、料金は170円アップすることなく2年定期契約ありと同じ水準の料金で利用することができます。 手続きは非常にカンタン・とにかく忘れることにだけ注意! 以上の流れで、旧ギガホ/ギガライトを利用されている方は、簡単にMy docomoから変更手続きができるため、忘れずに早めに実施しておきましょう。 最悪なのは、何度も言いますが手続きを忘れに忘れて、更新月をさらにそのまままたいでしまい、延々と解約金9,500円の状態が継続されてしまう状況です。 それぞれ、以下の各記事も参考にされてください。 ドコモの電話料金をd払いにする、ということはできません。 電話料金はdカード払いのままで問題ないと思います。 d払いを買い物で利用される場合の支払い設定は、dカード GOLD払いにした方が、d払い分とdカード分2重でポイントが獲得できてお得です。 その場合、すべてdカード GOLDの明細の中に、ドコモ電話料金やd払いで利用した決済分も含まれます。 ただ、d払いで利用した分もdカード利用分として明細が出てくるので、どれがd払いなのか、ということは判断がつきませんし、d払いの利用履歴からも追えませんので注意が必要です。 そういう意味では、d払い(dカード支払い)を利用するこということは、そのままdカード決済を使っているのと同じイメージ、と考えていいかもしれません。 つまりdカードの決済履歴にて、すべて管理が可能です。 ちなみに、d払い(電話料金合算払い)にしている場合は、ドコモの利用履歴から追えます。 ちょっと言われている意味がよくわからなかったのですが、ギガライトの表記は公式の案内ページも上記記事も基本的にはすべて「税別」です。 ステップ1なら2年定期ありで2980円(税別)、定期契約なしで3150円(税別)です。 記事内に貼っている、My docomoでの表記時には、税込み価格が記載されたりもしますが、その場合、ギガライト・ステップ1で2年定期ありで3278円(税込)、定期なしで3465円(税込)です。 また、ギガライトが上記基本料金内にISPサービス分の料金(spモード料金)を含んでいるため、330円(税込)が3278円または3465円の中に含まれている、というような記載となりますが、ここは気にする必要はありません。

次の

ドコモの「ギガライト」徹底解説。2019年10月以降の契約分は契約解除料が減額の1000円に。

ギガライト ギガライト 2 違い

自信満々の笑顔で紹介された「ギガホ」と「ギガライト」が気になってる方も多いでしょう。 でもドコモの新プランは、4割値下げに見えるだけ。 わたしたちユーザーの負担がへるような、優しい仕組みではありません。 SoftBankで用意されてる端末分離プランとほとんど変わり映えのしない、ドコモのギガホとギガライト。 機種代金の割引きがなくなるので、トータルの支払いでは多くなる人もいるでしょう。 見た目だけの通信料金を値下げさせることで、消費税増税への不満を和らげようとする政府のニヤケ顔が見えてくるのはわたしだけでしょうか? 今回は、 しっかりと確認しないと損をするドコモ新プランの問題点。 ギガホとギガライトの注意点も合わせてお伝えします。 通話代金もかかるしね! そうなんです。 今まで話放題プランを使っていた人は、長電話すると大変なことに。 発表された料金は通話時間に合わせて課金されるプランの料金。 「 4割引を達成するために話放題プランから、通話料のかかるプランに変更されたんです」 またスマホを分割契約すると毎月の料金を割引する月々サポートがあったドコモの旧プラン。 ギガホやギガライトでは割引がなくなったので、気軽に機種変更もできなくなりました。 4割値下げに見える仕組みとからくり ドコモ発表の4割値下げの条件は、家族全員のスマートフォンがドコモ。 3人家族以上で新プランに移行すれば4割程度の値下げに。 家族合わせて3回線以上使っていれば、みんなドコモ割で4割引の組み合わせもでてくるってことなんです。 実質4割くらい割引に。 もちろん家族にドコモユーザーが、一人もいなければ割引0。 SoftBankの家族割と同じ仕組みになりました。 でも、安くなるのは料金だけ。 機種代金や割引の月々サポートは終了。 現在機種代金の割引をうけてる方が、ギガホやギガライトに変更すると損をすることもあるでしょう。 割り引かれる以上に損をすることも また家族のなかで誰か一人でも、機種代金の支払いが終わってない場合。 ギガホやギガライトへ変更するべきではありません。 今の割引が全部なくなるんだ! ギガホやギガライトへ変更すると月々サポートは無効に。 結果的に料金が高くなることも。 家族みんなのプラン変更を同じ時期に合わせないと意味がないんです。 シンプルな料金プランと発表されたドコモ「ギガホ」と「ギガライト」今までうけられてた割引が消えるので、移行時期によっては通信料金が4割下がるどころか今よりも高くなることも。 あなたが損をしないように、ドコモの4割値引きの条件をもう一度確認してみましょう。 3回線以上ドコモを契約しているユーザー• 2回線以上で1GBしか使えないギガライトへ 今まで料金の組み合わせが多くて、わかりづらかったドコモのプラン。 シンプルでお得になるはずの新プランが、 端末代金の分離でせいで余計にわかりづらくなったと感じるのはわたしだけでしょうか? ダマされるな!ギガホとギガライトの落とし穴! 機種代金を別の支払いにしたら安く見えるからね! ドコモの新プランギガホとギガライトは通信料金が安くなるだけ。 今まで料金に組み込まれてた機種代金の割引はなくなってしまうんです。 2019年の秋から通信料金と機種代金が分離されるドコモ。 新規契約やMNPで機種代金0円などがなくなり、お得に使えてたスマートフォンの支払いが増えることもあるでしょう。 4割値下げされるのに、合計の通信費は上がってしまう。 なぜこんなことになるのか、 ドコモ新プランの落とし穴を確認してみましょう。 わかりづらいドコモの新プラン ドコモの新プラン全てで4割引になるわけではありません。 機種代金を支払い終わってない場合。 ギガホやギガライトに変更しても、わたしたちの負担は変わらないんです。 今後でてくる新機種が全く割引されないとさらに負担が増え、大幅な値上げになることも考えられるんです。 実質の値上げってことだね! 4割引きになるのは、スマホを買い換える予定のない人だけ。 しかも家族みんなでドコモの新プランギガホやギガライトへ乗り換えないとダメ。 「複雑なプランついでに機種代金の割引サポートも無くしてシンプルに値上げされた」 これがドコモの考えるユーザーのための4割引なのでしょう。 新プランの機種代金はどうなる? ドコモでiPhoneXsを購入した場合160,056円。 ここから月々サポートで最大58,968円引きされるので、101,088円に。 ギガホやギガライトでは機種代金の割引がなくなるので、 機種変更すると今までより58,968円も無駄に支払わなくてはいけません。 2年毎に機種変更してたなら毎月2,457円• みんなドコモ割を使わなければ、今まで月々サポートでうけれたぶん以上の割引をうけられません。 月々サポートがなければ機種変更にも高額な支払いが。 結果的にわたしたちの支払いが大幅に増えてしまうんです。 今回ドコモが発表した端末分離型のプランは見せかけの料金が安くなるだけ。 機種変更や故障のときに負担が大きくなってしまう点は大きな問題点と言えるでしょう。 ギガホやギガライトの契約期間はどうなる? 機種変更の割引がなくなるドコモの新プラン。 でも、2年縛りは結局そのまま。 新しい機種へ変更するための負担は大きくふえたのに、わたしたちの不都合な制度はそのままなんです。 SoftBankと同じように料金が上がるかもね! ドコモのギガホとギガライトは2年毎に契約更新されるプラン。 2年後の料金は表示されてないので、 SoftBankのように割引の切れる2年後には値上がりするかもしれません。 また新プランでは、これまでうけられてた機種変更の実質の補助 月々サポート がなくなりました。 58,968円引きされてたiPhoneXsでも、定価で購入しないとダメ。 古いスマホを我慢して使い続けたり。 故障しても買い替えを我慢したりする必要もでてくるでしょう。 これが本当に4割引と言えるのでしょうか? ギガホとギガライトのまとめ 政府のお偉いさんのせいで、4割値下げに踏み切ったドコモ。 ギガを1GBしか使わない• 家族3人以上がドコモユーザー• 機種代金の割引がなくなる この厳しい条件を達成して4割引になったと喜ぶ人がいるのでしょうか?見せかけだけ安くなるのがドコモのギガホとギガライトなんです。 「ドコモユーザーにわかりやすい料金設定を」 なんて発表されたのに、ギガホとギガライトを選ぶと損をする可能性があることは伝えられてません。 スマホのプランって本当に複雑だと思いませんか? 本当にドコモのスマホ新プランはお得なのか。 ギガホやギガライトを選んでも後悔しないのかしっかりと確認してくださいね!.

次の