大崎会長 松本人志。 大崎洋 ダウンタウン松本に「プールでの約束」要求!その内容とは?

松本人志が大崎会長をかばったのは「自分の言いなりになる一体関係」だから |LITERA/リテラ

大崎会長 松本人志

ダウンタウン松本人志(55)が21日、レギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に生出演し、昨日20日に行われた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号田村亮(47)の闇営業騒動に関する謝罪会見についてコメントした。 通常番組は収録で行われるが、昨日の会見を受けて急きょ生放送が決定した。 昨日20日深夜に松本、東野幸治、吉本興業大崎洋会長、岡本昭彦社長の4人で話をしたという。 大崎会長、岡本社長はともにダウンタウンの元マネジャー。 松本は会社の対応について「真摯(しんし)に話を聞いてくれるし、僕の話を可能なところまでやってくれようとしている。 そんな悪い会社じゃない」と話した。 一方で岡本社長に対しては「たまに言葉遣いが横暴と、大崎さんに言ったことがある。 彼の中で出ちゃうことがある。 でもこの時代あり得ないし、絶対にやめろと言いました」と改善を求めたという。 また大崎会長が「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話したことも明かしたが、松本は「それは僕は全力で止めます。 大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。 うちの兄貴なんで。 大崎さんがいなくなったら僕は(吉本を)辞めますね」と言い切った。 松本は自分が会社の上層部へ意見を伝えやすい立場としつつ、「僕らに言ってくれたらやるんだけど、今回みたいに最初にうそをつかれてしまうとそこで終わってしまう。 橋渡しができない」と宮迫らが当初金銭授受を否定したことを残念がった。 東野も「吉本が宮迫、亮の話を信じて動いたのも事実ですから、反省して欲しい」と続けた。

次の

吉本興業 岡本社長、口グセは「ウチの松本人志をなんだと!」高圧的な態度で知られた素顔|日刊サイゾー

大崎会長 松本人志

ダウンタウン松本人志(55)が21日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に生出演し、吉本興業に対して「芸人ファースト」を訴えた。 19日に収録済みも、20日に行われた、雨上がり決死隊宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号田村亮(47)の会見を受けて急きょ生対応。 これまでの会社の対応に疑問を呈した。 吉本興業の岡本昭彦社長(52)もVTR出演し、会見することを明言。 その後同社は22日午後2時から会見することを正式に発表した。 「僕の知らなかった事実があまりに多くて。 これは僕もだまされた」と吉本興業への不信感をにじませる。 その上で、騒動の発端となる「ギャラを受けとっていない」とうそをつき、泣きながら会見した宮迫と亮に「急に悪から善になるわけじゃない」とくぎを刺すことも忘れなかった。 そして「ここまで追い込んだら信頼関係がなくなる。 吉本興業はつぶれるんじゃないかと危機感を持っている」と表情を曇らせた。 宮迫と亮が懇願したにもかかわらず、岡本社長に会えない。 さらに会見できないことに「時代を全然、読み間違えている。 吉本興業は日本の人を楽しませる会社なのに、この2カ月は全然面白くない。 僕は吉本というか、お笑いが好きなんで憤りを感じる。 これは宮迫と亮じゃなくて、僕の問題。 許せない」と怒りを見せた。 岡本社長が芸人に対して「俺にはお前ら全員をクビにする力があるんだ」と言い放ったことについて、松本は「いつからそんなに偉くなったんだ。 会社って『芸人ファースト』でしょ。 芸人が金を受け取ったことを認めたら『静観します』と。 そしたら吉本にはおられない、いたくない」と自らの進退も口にした。 前日20日夜には吉本興業東京本社に東野幸治(51)と出向き、大崎洋会長(65)岡本社長と話し合った。 「会社が変わらなければいけない。 岡本社長に会見させなければ、この会社がダメになる」と主張。 事件を起こした芸人たちを引き取るべく「吉本興業の中に松本興業を作りたい」と提案して、会社側も受け入れたという。 そして「さんまさんも同じようなことを言ってるみたいなので、なら僕が、さんまさんのところに行ってもいい」とボケた。 岡本社長がVTRで騒動を謝罪し、今日22日に会見することを明言した。 松本は、岡本社長と宮迫、亮が話す会合を、岡本社長が約束したことも明かした。 そして「岡本社長と乳首相撲で解決できたらいい。 乳首相撲は全てを解決する」とボケた。 岡本社長について「元マネジャーだけど、20年くらい前から言葉遣いが横暴になって、大崎会長にも指摘した」という。 ただ、大崎会長については「僕は大崎洋とずっとやってきたので、大崎が『進退も考えなくちゃ』と言ったのを止めた。 兄貴なんで大崎会長がいなかったら僕も辞める」と断言した。 今日22日の会見次第では、岡本社長の進退も問われる。 松本が大崎会長を慰留し、岡本社長を非難したことも大きい。 吉本の創業者・よしもとせいの口癖は「芸人さんのおかげやで」。 原点に返って「芸人ファースト」を貫くことが肝心だ。 【小谷野俊哉】.

次の

松本人志派に一本化された吉本興業 ベテランも声上げられぬ|NEWSポストセブン

大崎会長 松本人志

2019年7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の記者会見は、世間に大きな衝撃を与えた。 詳細については割愛するが、そこで語られたのは吉本興業、岡本昭彦社長によるパワハラ、そして時代にそぐわぬ 吉本興業の隠蔽体質、 ブラック企業体質であった。 翌21日、自身がレギュラー出演する「ワイドナショー」にて松本人志が一連の騒動に対する見解を発表、事態の収束へ自らが乗り出すことを明かした。 松ちゃんが動くならもう大丈夫……と言いたいところだが、番組を見ていて一点だけどうしても気になることがあった。 やもすれば、いかに松ちゃんとはいえ「 大崎洋会長を私情だけでかばいすぎたら危ないのではないか」と。 ・松ちゃんが守りたいもの 番組内で松ちゃんが何を語ったのか? そちらについては各種サイトをご覧いただくとして、記者は「 松ちゃんが守りたいもの」がよく見えた生放送だったと思う。 これだけの騒動にこのスピード感で対応した松ちゃんは流石の一言で、一連の騒動の行方は松ちゃんの双肩にかかっていると言っても過言ではないだろう。 記者が感じた松ちゃんが守りたいものとは、後輩・お笑い・吉本興業・自分自身と自分自身が築き上げたもの……といくつもが垣間見えたが、その中の1つが冒頭でもお伝えした「 大崎洋会長」である。 番組内で松ちゃんは以下のように語っている。 「(大崎会長が)これ以上、騒ぎが大きくなるようなら自身の進退も……なんて言ってましたけど、それは止めます。 もし大崎が辞めるなら僕も吉本興業を辞めます。 ずっと一緒にやってきた兄貴なんでね」 あまり表舞台に出てくることはないものの、大崎洋会長はダウンタウンの育ての親として知られる人物で、 大崎会長とダウンタウンが今日の吉本興業を築き上げたと言っても大げさではあるまい。 また松ちゃんの言葉を借りるならば、両者の信頼関係は肉親ほど近いものがあるのだろう。 ・吉本興業のトップ中のトップ だがしかし、である。 仮に今後の吉本興業が大崎会長の指揮のもと、世間からある程度は理解される企業に変貌するならば問題はない。 ただ、契約書や最低賃金などの問題をクリアせず 今まで通りの会社運営をしていくならば、大崎会長に批判の矛先が向くのではなかろうか。 問題なのは、大崎会長がビジネスインサイダージャパンのインタビューで以下のように発言していること。 「契約は口頭でも成立する。 契約書を導入する予定はない」 「最初のギャラは250円でもいい。 月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は本当に芸人を育てるやり方とは思えない。 吉本の今のやり方を変えるつもりはありません」 お笑いに限らず、芸事は特殊な世界である。 歌舞伎も絵描きも相撲も、 一般的な社会通念とは相容れない部分が多い。 大崎会長が言いたいことは理解できるし、その通りなのだとも思う。 ましてやダウンタウンの育ての親が言うならば、これ以上の説得力はない。 とはいえ、一昔前ならばいざ知らず、コンプライアンス至上主義の現代において、 吉本興業のやり方は隙が多すぎる。 ギャラの問題にせよ契約書にせよ、ツッコミどころだらけなのだ。 ましてやこれだけの騒動になってしまった以上、ある程度は世間が納得する必要がある。 ・冷静に大崎会長体制を維持する意味を伝えて欲しい 番組内で松ちゃんは「(吉本興業が)時代を読み違えたのかな」と発言していた。 そして松ちゃんは 時代を読む能力に長けた人物である。 今回の件で多くの人が松ちゃんを支持する理由は、松ちゃんの意見が時代の流れに沿っていること、そしてそれが多くの人の意見と重なり合う部分が多いからであろう。 生放送内で、松ちゃんは上層部と「ギャラのことも話した」としていたので、大崎会長が インタビュー時とは違った方針に舵を切る可能性は十分にある。 だが、もし今まで通りの運営を続けていくならば、世間の目はトップである大崎洋会長に向いてしまうハズだ。 ビジネスインサイダージャパンのインタビュー内で、大崎会長は「僕が社長になった当時、社内に反社のような人たちもいた。 役員にもいて、 身を賭して戦って、やっと追い出したんです」としている。 表には出づらい話ではあるが、大崎会長の功績は非常に大きい。 それ以外にもきっと、大崎会長がいたからこそ達成できたことが多くあって、それを松ちゃんは知っているのだろう。 だが、 残念ながら世間の人はそれを知らない。 いまあるボンヤリしたイメージは「吉本の一番偉い人」ともすれば「ブラック企業の総大将」ではなかろうか。 なので、松ちゃんは「大崎会長が兄貴だから」と言うだけではなく、大崎会長がいたからこそ達成できた事実、また「 大崎会長がいるからこそできる改革」を世の中に示すべきだ。 番組を見ている限り、他のことは全て客観視できているのに、大崎会長の件だけは私情に見えてしまった。 ・松ちゃんが本当にピンチになったとき…… こんなことを書いている最中、22日放送の「スッキリ!! 」にて加藤浩次さんが「 上層部が辞めなけば吉本興業を辞める」と発言したとの情報が入ってきた。 松本さん、東野さんクラスは岡本社長および大崎会長と意思疎通が取れるのだろうが、加藤さん、宮迫さんクラスでも上層部との意思疎通は容易ではないということだ。 つまり、松本さんは大崎会長が会長職を続ける意味を、何より 後輩たちに示さねばなるまい。 加藤さんは「経営陣が責任を取れない会社ってどうなんだ?」とぶち上げていたというが、個人的にはその後に収まる人物が、大崎会長以上の能力がなければ意味がないと考える。 辞めるだけが責任の取り方なのか? 難しいところだ。 とはいえ、空中分解寸前の吉本興業を救えるのは松本さんしかいないのだろう。 上層部、後輩たち、そして世間。 その際、私情だけで大崎会長を擁護するのは、 いくら松本人志といえども危険だ。 松ちゃんが惚れ込むくらいの人物である。 きっとこれからの吉本興業を変革してくれるに違いない。 なお、あくまで個人的な予測だが、この件がさらにねじれにねじれたとき、つまり松ちゃんおよび吉本興業が本当にピンチを迎えたとき、ついにあの男が動き出すと見ている。 吉本興業のもう1人の巨人、 浜田雅功さんだ。 参考リンク: 、 執筆: イラスト:.

次の