せい しき あろ ん。 アロエ

青識亜論(せいしき・あろん)(@dokuninjin_blue)

せい しき あろ ん

[どんな病気か] 最初は軟部(なんぶしゅよう)(コラム「」)として、この病名がつけられたのですが、その後、骨にもできることが明らかとなり、骨の病気としても悪性線維性組織球腫という腫瘍名がつけられています。 比較的に高い年齢層によくみられる病気です。 50歳代にもっとも多く、以下、40歳代、60歳代の順になっています。 発生しやすい部位は、大腿骨(だいたいこつ)(ももの太い骨)、上腕骨(じょうわんこつ)、脛骨(けいこつ)(すねの太い骨)などの長管骨(ちょうかんこつ)(大きく長い筒状の骨)と、骨盤(こつばん)です。 [症状] 初期の症状は、痛みです。 まれですが、腫瘍のために骨がもろくなり、病的骨折がおこり、急激な痛みを感じて発見されることもあります。 [検査と診断] 診断は、X線像、CT、MRI、骨シンチグラフィー(アイソトープによる画像で腫瘍を見つける検査)などの画像検査のほか、最終的には、腫瘍の一部をとって顕微鏡で調べる検査(生検(せいけん))を行なって決定します。 [治療] 多くの場合、手術だけで治ります。 腫瘍が巨大でなければ、腫瘍を正常な組織を含めて切る切除術と、その部分の再建術が行なわれます。 切除が不可能な場合は、腕や脚(あし)などの切断術を行ないます。 非常に悪性度の高い場合は、を防ぐため、抗がん剤の使用など、補助化学療法が行なわれます。 また、手術が不可能な部位に腫瘍ができた場合は、放射線療法が行なわれます。 日本整形外科学会がまとめた記録によると、この病気にかかった人の手術後の5年生存率は48%です。 しかし、治療を始めたときに転移がない例では、手術後の5年生存率は55%となっています。 出典 家庭医学館について.

次の

日本人が好きな洋楽①「悲しき願い」~アニマルズから尾藤イサオ、そしてサンタ・エスメラルダ|TAP the SONG|TAP the POP

せい しき あろ ん

Q-1 Q-2 Q-3 Q-4 Q-5 Q-1 網膜色素変性 ( もうまくしきそへんせい ) です。 現在、地方の病院に通っているのですが、先端医療センター(2017. 12より神戸アイセンター病院)病院など専門外来に伺うと治療への一歩が踏み出せるのでしょうか?(2019年1月8日更新) A-1 網膜色素変性 ( もうまくしきそへんせい )に対する視細胞移植の最初の応用は来年度以降を目標にしていますが、 最初は安全性を調べる臨床研究ですので、効果は期待できません。 光がわかる、ぼんやりものの気配がわかる、 といったところから効果を確認しつつ、さらに発展的な治療につながるよう同時に基礎研究も進めています。 現在は人工網膜や、遺伝子のタイプによっては遺伝子治療なども始まろうとしています。 また、九州大学では 保護効果を目的とした遺伝子治療なども行われています。 移植治療のみでなく、いろんな治療が開発されつつ ありますので、遺伝子診断など含め、将来的な治療などアイセンターの 網膜色素変性外来 ( もうまくしきそへんせいがいらい )でも相談をお受けしています。 ただ、何れにしてもすぐに効果が得られるような治療はまだ難しいですが、治療にばかり頼るのではなく、 患者会などとつながって、ロービジョンケアなどの情報を得ていただくと、生活上有用なグッズがたくさんありますので、治療するのと同じ効果を得られることもあります。 アイセンターでは2階フロアのネクストビジョンでそのようなグッズなどの相談も受け付けておりますので、ご来院ください。 (2019年1月8日更新) Q-5 網膜色素変性症 ( もうまくしきそへんせいしょう )で視神経が正常な場合について、網膜の再生研究が進んでいるようですが、人への臨床応用はいつ頃になりそうですか。 教えてください。 A-5 いつごろという予測はできない状態です。 またどういう臨床応用を考えておられるかによって異なります。 胎児網膜細胞移植と同様の効果を得るための動物実験に5から10年。 1例目の臨床応用までにそれから2年、その後1年に数例ずつといったペースが考えられます。 初めの方は効果判定は難しく、安全性を確かめる試験になると思います。 まだ予測はできませんので、治療開発を待つ間に、現在の視力を使っていかに生活を工夫するか、ロービジョンケアをしっかり受けて年月を有効に使ってください。

次の

悪性線維性組織球腫(あくせいせんいせいそしききゅうしゅ)とは

せい しき あろ ん

[どんな病気か] 最初は軟部(なんぶしゅよう)(コラム「」)として、この病名がつけられたのですが、その後、骨にもできることが明らかとなり、骨の病気としても悪性線維性組織球腫という腫瘍名がつけられています。 比較的に高い年齢層によくみられる病気です。 50歳代にもっとも多く、以下、40歳代、60歳代の順になっています。 発生しやすい部位は、大腿骨(だいたいこつ)(ももの太い骨)、上腕骨(じょうわんこつ)、脛骨(けいこつ)(すねの太い骨)などの長管骨(ちょうかんこつ)(大きく長い筒状の骨)と、骨盤(こつばん)です。 [症状] 初期の症状は、痛みです。 まれですが、腫瘍のために骨がもろくなり、病的骨折がおこり、急激な痛みを感じて発見されることもあります。 [検査と診断] 診断は、X線像、CT、MRI、骨シンチグラフィー(アイソトープによる画像で腫瘍を見つける検査)などの画像検査のほか、最終的には、腫瘍の一部をとって顕微鏡で調べる検査(生検(せいけん))を行なって決定します。 [治療] 多くの場合、手術だけで治ります。 腫瘍が巨大でなければ、腫瘍を正常な組織を含めて切る切除術と、その部分の再建術が行なわれます。 切除が不可能な場合は、腕や脚(あし)などの切断術を行ないます。 非常に悪性度の高い場合は、を防ぐため、抗がん剤の使用など、補助化学療法が行なわれます。 また、手術が不可能な部位に腫瘍ができた場合は、放射線療法が行なわれます。 日本整形外科学会がまとめた記録によると、この病気にかかった人の手術後の5年生存率は48%です。 しかし、治療を始めたときに転移がない例では、手術後の5年生存率は55%となっています。 出典 家庭医学館について.

次の