お手数 おかけ し て すみません。 「お手数をおかけしました」とは?ビジネスでの使い方や返事の仕方・類語・英語表現も紹介

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数 おかけ し て すみません

具体的な「お手数をおかけして」の使用例を、解説していきます。 前や後にどんな言葉をつけるのかによって、「お手数おかけして」の印象は大きく変わってきます。 相手と自分の関係や立場に応じて、使い分けができるようにしていきましょう。 申し訳ございません 誰かが「お手数をおかけして、申し訳ございません」と言っているのを、見たことはないでしょうか。 非常によく使われる表現で、ビジネスシーンでのやりとりにおいても必ずといっていいほど出てきます。 誰に対しても失礼にならない言葉遣いですので、いざというときにサッと出るようにしておくと、困らないで済むでしょう。 すみません 「お手数をおかけして、すみません」という言葉も、よく使われています。 「すみません」は少し丁寧さに欠けるので、ビジネスシーンにおいては「申し訳ございません」を使用するほうが適当です。 日常会話でお隣さんと話す程度であれば、「すみません」のほうが仰々しくなく、良好な関係を築いていけるということはあります。 その時々で合っている言葉を使い分けるようにしましょう。 現在も「お手数」をかけている最中の相手に対しては、「お手数をおかけしております」といって、現在の状況をお詫びしたり、感謝している気持ちを伝えましょう。 相手が忙しく、こちらを手伝うことで多少いらいらしている場合があります。 そんなときに、「お手数をおかけしております」と一言かけるだけでも、自分と相手の関係を円滑にできるということがあります。 クレーム他応などでも多く使われている言葉です。 ありがとうございます 相手が力を貸してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいときは、「お手数をおかけしました、ありがとうございました」「その節はありがとうございました。 お忙しいところお手数をおかけし、申し訳ありませんでした」などの言葉を使いましょう。 お礼の気持ちだけでなく、手伝わせてしまって申し訳なかったという、お詫びの気持ちも伝えることができるので、より丁寧な印象を与えることができます。 特に目上の人に対しては、ただ単にお礼だけを伝えるよりも、「お手数おかけして」と一言添える方が、好ましいといえるでしょう。 お忙しいところ 相手が忙しいのにもかかわらず、何か頼みごとをしたり、手伝ってもらったりしたときにも、「お忙しいところ」という表現が使えます。 「お忙しいところ、お手数をおかけしました」「お忙しいところ、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」というように、「忙しいのに、本当にありがとう」「あなたが忙しいのは知っているけど、そこをなんとかお願いします」などの気持ちを込めることができます。 こちらもビジネスシーンではよく使われる常套句なので、頭の引き出しにしまっておきましょう。 「お手数をおかけして」を他の言葉で言い換えると? 「お手数をおかけして」はビジネスメールでも使うことのできる便利な表現です。 いくつか例を挙げてご紹介します。 〇かの件ではお手数をおかけしております。 〇お手数をおかけして申し訳ございませんが、添付の用紙にご記入いただきまして、11月10日までにお送りくださいますようお願いいたします。 〇お手数をおかけしておりますが、早急に対応させていただきますので、今しばらくおまちくださいますようお願い申し上げます。 〇お手数をおかけしているにも関わらず、力強いお言葉までいただき、本当にありがとうございます。 メールの文章での注意点は、必ず書き言葉で表現することです。 メールは目に見える情報ですので、「お手数おかけして」のように、助詞の「を」を抜いてはいけません。 ビジネスシーンで送るメールの場合は、特に気をつける必要があります。 書き言葉に、普段使っている言葉遣いがついつい出てしまうことは珍しくありません。 日頃から正しい言葉を使うようにしましょう。 「お手数をおかけして」は二重敬語なの? 「お手数をおかけして」には「お」が2つついていますが、二重敬語となるのでしょうか。 二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 では、「お手数をおかけして」はどうなるのでしょうか。 「お手数をおかけして」では少しわかりづらいので、「お手数をおかけする」に直して考えていきましょう。 この言葉を文法的に解説すると、下記のようになります。 ・「お手数」は、名詞の「手数」の丁寧な表現です。 ・「おかけする」は、「かける(掛ける)」を謙譲語にするために、「お~する」というかたちにした言葉です。 お察しのとおり、「お手数をおかけして」という表現は二重敬語にはあたりません。 ではどんな表現をしたときに二重表現になるのでしょうか。 先ほども触れましたが、二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 例えば、「お召し上がりになられる」「ご覧になられる」という言い方がそうです。 「お召し上がりに」「ご覧に」という表現は、それだけで尊敬語の表現ですので、後に「なられる」をつけると、過剰な表現となってしまいます。 この場合は、「お召し上がりになる」「ご覧になる」が正しい表現です。 丁寧な表現を使うことに夢中になりすぎて、間違った言葉を使わないように気をつけましょう。 ビジネスシーンにおいて、こういった微妙な言葉遣いの違いを指摘されることはあまりありませんが、少なからず相手に違和感を感じさせてしまっている可能性があります。 「お手数をおかけして」をつかいこなそう!.

次の

「手間をかける」の敬語表現・の使い方と例文・別の敬語表現例

お手数 おかけ し て すみません

「お手数をおかけしました」は感謝やお詫びの気持ちを表す言葉 ビジネスシーンだけでなく日常生活の中でも耳にする機会の多い 「お手数をおかけしました」というフレーズは、相手への感謝やお詫びの気持ちを表す言葉です。 相手を敬う敬語表現なので、目上の人や上司、取引先に対しても使うことができます。 例えば相手に何かをしてもらった際、単に「ありがとうございます」とだけ言うよりも「お手数をおかけしました。 ありがとうございます」と一言付け加えたほうが丁寧な印象になります。 ですがしてもらった事柄の内容によっては「お手数をおかけしました」では失礼に当たる場合もあるため、類語を身に付けておきその場面やシチュエーションに応じたフレーズを選択できるようしておくと安心です。 「お手数をおかけしました」の意味 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「手数」は何かを行うのに要する動作・細工・作業などの数や、自分以外の第三者のためにことさらにかける手間という意味です。 「おかけしました」の「おかけ」は「かける」を「お〜する」と表現した謙譲語で、あることや物のために時間・費用・労力など費やす・負担をかけることを表しています。 そのため「お手数をおかけしました」は、相手に手間や負担をかけたことに対する恐縮の念を込めた表現となります。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数おかけしました」の使い方は「しました」と表現しているように、相手が時間や手間を費やして何かをしてくれた過去の事柄に対して使用します。 感謝やお詫びの気持ちを伝えるフレーズですが、一言だけでどちらにも使えるというわけではありません。 ここでは感謝を伝える場合と謝罪を示す場合、両方のパターンの例文をご紹介していくのでチェックしてみましょう。 ありがとうございます」 ただ 「お手数をおかけしました」だけではお礼としての意味合いが弱いので、感謝の言葉を別に添える必要があります。 感謝の言葉は相手を問わず「ありがとうございます」が使えます。 ですがビジネスメールや目上の方に対して、より丁寧に感謝の気持ちを表現したい場合は「厚く御礼申し上げます」「感謝申し上げます」などに言い換えても良いでしょう。 間違いやすいのが、一見良さそうに聞こえる「お手数おかけしましたが、ありがとうございました」という表現です。 これだと「時間や手間をとらせましたが、ありがとう」という意味合いになるため適切では無いので注意しましょう。 お詫びする際に使える「お手数をおかけしました」の例文 お詫びをする際は、相手や内容によって適切な言い回しを使い分ける必要があります。 「お手数おかけしました」を使った謝罪の例文をチェックしてみましょう。 「お手数をおかけして申し訳ございません」 相手へお詫びをする際の、最も基本的な「お手数をおかけしました」を使った例文です。 これは目上の人やクライアントに対してはもちろん、社内の同僚に対しても使える表現です。 上述のように、感謝の気持ちを伝える場合は「お手数をおかけして+(感謝の言葉)」と表現するのは適切でないとご説明しましたが、この場合は「手間をとらせてしまい、申し訳ございません」という意味なので謝罪の意味として成立します。 そのため「お手数をおかけして申し訳ございません」も「お手数をおかけしました。 申し訳ございません」でも、どちらでも使うことができます。 「お手数をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」 相手へ丁寧な謝罪をする際の「お手数をおかけしますが」を使った例文です。 この表現は目上の人やクライアントに対するビジネスメールでも使うことができます。 この場合は「お手数」の本来の意味である「相手に手間をかけさせた」というよりも、相手に迷惑をかけてしまったというニュアンスが強い表現です。 実際ほとんど手間をとらせていない内容の場合は、大げさになってしまうので場面を見極めて使いましょう。 申し訳ございません」 「手間」とは「ある事のために費やす時間や労力」という意味で使われます。 接頭語に「お」を付けることで敬語表現になるので、目上の方やクライアントに対しても問題なく使うことができます。 「お手数」は自分以外の第三者のための行いに対して使う言葉ですが、「お手間」は自分の行動にも第三者にも使うことができます。 例えば自分が手間をかけた場合は「手間をかける」と表現しますが、相手が手間をかけてくれた場合は「手間を取らせる」と表現します。 そのため 「お手間をおかけしました」と言い間違えないよう注意して使いましょう。 お手を煩わせてしまいました 「お手数をおかけしました」に似た表現に「お手を煩わせてしまいました」というフレーズがあります。 申し訳ございませんでした」 「手を煩わせる」という言葉には、面倒をかける・手間を取らせるなどの意味があります。 「お手数をおかけしました」と同じく、相手の行動を労ったり謝罪したりする際に使うことができます。 「お手数」と同じく「お手」には尊敬を表す接頭語が付いているため、目上の人やクライアントに対して使える表現です。 「お手数をおかけしました」をはじめとした、これまでご紹介した類語の中でも、非常に丁寧な印象を与えるフレーズです。 感謝の気持ちよりも「何かをしてもらって申し訳ない」というニュアンスが強いので、相手を気遣う気持ちをしっかりと伝えたいときに使うと良いでしょう。 ・I am deeply sorry for troubling you. ビジネスシーンだけでなく日常でも使いやすい「お手数おかけしました」ですが、これだけでは単に相手の行いを労う言葉にすぎません。 感謝や謝罪の気持ちを伝える際に使う場合は、それに見合った言葉を添えて使うようにしましょう。 些細なことのように感じますが、労いの一言があるかないかで相手が自分に対して持つ印象は大きく異なります。 プラスの印象を与えることは、ビジネスシーンでも有利に働くことでしょう。 ぜひ「お手数をおかけしました」を活用して、丁寧に気持ちを表現できるビジネスパーソンを目指しましょう。

次の

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

お手数 おかけ し て すみません

相手に声を掛ける時の「すみません」は、 「お忙しいところ、すみません」や「お手数おかけして、すみません」など相手の現状を察した上での申し訳ない気持ちを表現する言葉ですので、第一声で「すみません」という言葉を使うのは社会人として常識です。 特に自分の方が相手に手間を取らせる立場でのシーンや初めてかける電話先である場合には必ず使いましょう! 但し、ビジネスマナーの世界では「すみません」ではなく「恐れ入ります」という言葉を使いますので、この点を気をつけて使えばより一層社会人としてスマートだと思います。 プライベートでは「すみません」でも構わないと思います。 私は使い慣れているので、プライベートでも会社でも常に「恐れ入ります」という言葉を利用しています。 肯定でしたら、「すいません」(! せめて『すみません』と言って下さい)は耳触りなので不要です。 そうではなく、用件を切り出すときの前振りだというなら話は別で、「すみませんが」(断じて『すいません』ではなく)や「恐れ入りますが」です。 いやあ、我が社にもいるのですよ、名乗りの前に「すみません」を必ずつける人。 ビジネス電話としては所要時間を長引かせるだけですし、ビジネス電話でなくても全く意味がない語なので、聞いていていつも苛々します。 「何か第一声で言い易い言葉」を考えるのではなく、「言わない」ようにしたほうが良いと思います。 大体、予約や問い合わせをする先ということは、先方は企業や店であり、彼らにしてみればビジネス電話ですよね? 普通、受話器を取った企業は先に名乗ります(その際は、相手に聴く準備をさせる為に『はい、』を前につけますが)。 それを受けてこちらが名乗るのですから、前振りは要りません。 街中で道を尋ねる等で話しかけるときの第一声ではないのですから、つけるのが常識だなどと、とんでもないことです。

次の