サンク コスト 恋愛。 【悪用厳禁】恋愛サンクコストを4つの例で解説!【初心者向け】|ハゲモテ

女がハマる男の特徴、常に強気であれ

サンク コスト 恋愛

Contents• 恋愛心理学「サンクコスト」とは? 恋愛心理学サンクコストについてしっかりと学んでいきましょう。 サンクコストを上手に使うことによって、上手に相手を落とすことができるようになります。 サンクコストとは? 冒頭から出てきている 「サンクコスト」って一体どういうことなの?と感じているでしょう。 サンクコストというのは、 埋没費用(まいぼつひよう)と言われています。 恋愛でいうと、よく 好きな相手に対して時間やお金を使って、相手に好かれようと努力をしているけれど、結果良い方向に向かわないこともあるような場合です。 「好きな人に尽くせば尽くすほど好きになってしまう」という状況がサンクコストです。 ・サンクコスト効果についてしっかり理解しておく ・自ら尽くしすぎないように気にかけておく ・自分が尽くしても相手から帰ってこない場合はすぐに諦める この 3つのことに 注意しながら、相手と関わっていくことによって サンクコストに引っかからずに回避することができます。 お互いがサンクコスト効果が働いているのならばその恋は実ってるも同然ですが、一方通行のサンクコスト効果の場合は すぐに撤退する必要があります。 そのまま、その相手にのめり込んでしまうと 自分の時間も お金も 無駄にしてしまうので気を付けましょう。 サンクコストを実践してみた サンクコスト効果を実践してみた 男性、 女性の 体験談を紹介します。 成功談や失敗談を参考にして挑戦してみると良いでしょう。 好きな人に尽くされる女になりました! 職場の同僚を好きになってしまって数か月が経っていました。 一向に 恋愛に進展はないし、もはや仲良くなる感じもなくて困っていた時に友人に サンクコスト効果のことを教えてもらいました。 サンクコスト効果についてネットで調べてから、徐々に同僚に接近することに決めました。 まずは仕事のことで分からないことがあれば、 「休憩時間に時間作ってほしい」とお願いをしてみたり、仕事後に 「少し飲みにいかない?」と誘ってみることにしました。 徐々に徐々に試していくうちに、 相手から食事に誘われたり、欲しいなと言っていたものをプレゼントしてくれるようになって、相手から告白されて付き合うようになりました。 サンクコスト効果を意識して、相手に好きになってもらえてよかったです! サンクコスト効果を意識して上手に利用できると、相手から好意を抱えてもらうことができるので是非挑戦してみましょう! 自分がサンクコストにはまってしまった 友人と遊んだ時に、紹介された女の子を 好きになってしまいました。 とても人懐っこい子ですぐに仲良くなることができました。 ご飯に誘われたり、出かけようと誘われたりしたので何度か 2人で遊ぶようにもなりました。 でも、毎回僕がお金を出していて。 好きな子だしお金くらい使ってもいいと思っていた時に衝撃な事実を知りました。 その女の子から、いつものように食事に誘われたので一緒に行くと知らない男性が1人いました。 すると 「今日は彼氏連れてきたよ~!〇〇くんとも友達になれると思って!」と言われてしまいました。 てっきり、自分たちは 両想いなんだと思って 勘違いしてしまっていました。 女性ってこわいなと実感した経験です。 お互いが思い合っていると思ってしまうと、最後に痛い目に合うので自分がはまってしまう恋愛には注意をしましょう! クズ男と別れられないです 付き合って 5年になる彼氏がいます。 彼氏とは、 2年前に結婚を視野に入れて同棲を始めました。 同棲をし始める前は、私に対してもとても優しくて尽くしてくれる彼氏でした。 でも、同棲をし始めてからは全く 家のことはやらないし、 仕事も休みがちになっています。 こんな人とこれから先、一緒にいたらダメだと頭の中ではわかっているのに5年も一緒にいたので、この 5年がもったいなく感じてしまいます。 もったいない、無駄だったと感じれば感じるほど離れられなくなってしまっています。 サンクコストは、もったいないと感じてしまう心理も働いてしまっています。 自分が費やした時間やお金が無駄だった、もったいないと感じて、別れた方が幸せなのに別れられないという現象まで働いてしまいます。 この現象がサンクコストの呪いだといわれているので、呪いにかからないように注意が必要です。 サンクコストの使い方によって成功する 恋愛心理学のサンクコストは、上手に利用できれば好きな相手と付き合うことができます。 しかし、 リスクも大きいので失敗する可能性もあります。 自分が相手に夢中になりすぎないように、しっかりと自分コントロールし、相手の気持ちを揺すぶってみるようにしましょう。

次の

6.サンクコストと返報性の法則【10ステップ恋愛基礎講座】

サンク コスト 恋愛

今回は男性向けのモテ記事となります! 女性の皆様も読んでおいて損はしないと思いますので、ぜひチェックしてみてください。 Business failure symbolic retro cartoon icon with kneeling businessmen chained to heavy debt burden vector illustration あなたは好きな人に対してどんなことをしていますか? 男性だったら好きな女性にご飯を奢ったり、高価なプレゼントをしたり、車で送り迎えしたりして、相手に好かれようとする人もいると思います。 しかし、これらの行為は 効果がないばかりか最悪の結果を招きます。 その理由はすべて、 サンクコスト効果で説明することができます。 このサンクコスト効果を相手から自分にかけさせる事で、意中の相手を自分のもとから離れられない依存状態にすることができます。 男性の皆さんは信じられないかもしれませんが、 女性は常に男性にサンクコストをかけるように要求してきます。 女性は男性との性行為に多大なリスクを背負っています。 セックス後に妊娠させられて捨てたれらてしまうリスクを常に抱えているのです。 そこで男性にサンクコストをかけさせることで、捨てられるリスクを少しでも軽減してきます。 しかし、そこで男性がサンクコストをかけてしまうと、女性は満足し浮気し始めます。 笑 なので、男性はその女性に尽くすと決めたとしても、サンクコストはかけてはいけません。 アドルフ・ヒトラーの言葉にサンクコストを連想されるこんな言葉があります。 支配するためにはサンクコストが必要となります。 それではサンクコストの説明に移りましょう。 サンクコストとは サンクコストとは、日本語名で埋没費用といいます。 人はある対象に費用や時間を費やせば費やすほど、その対象にさらにのめり込みやすくなるという心理現象です。 具体的にはギャンブルがわかりやすいです。 パチンコで1万円使ってしまった。 負債が増える。 男性の皆さん、このループはあるあるですよね。 これが恋愛でも起こっているのです。 好きな女性ができた。 1万使ったし今さら引き下がれないから、嫌われるまで頑張ろう。 クリスマスに2万円のプレゼントだ。 誕生日に10万円のバッグが欲しいって言ってたな。。。 笑 皆さんはサンクコストをかけすぎないように気を付けましょう。 また、 サンクコストを相手から自分へかけさせることで恋愛の主導権を握ることができるのです。 サンクコストをかけさせる サンクコストを上手く使っている人として、代表的なのが、 「ホスト」と 「ヒモ男」です。 ホストは高額なシャンパンを何本も買わせてホストは高額なシャンパンを何本も買わせて依存させます。 ヒモ男も女性に時間とお金(生活費)を出させることで、依存させるのです。 男性の皆さんは、「ホスト」や「ヒモ男」になりたいわけじゃない!と拒絶される方も多いですが、 恋愛においてはコストをかけさせる方が強くて地位が高いのです。 例えば、今まであなたがコストをかけて大事にしてきた女性がいたとしても、その女性はホストやヒモ男に簡単に依存してしまいます。 何故なら、 サンクコストをかけさせる側の人間は恋愛において強者だからです。 それではどのようにしてサンクコストをかけるべきなのか見ていきましょう。 サンクコストのかけさせ方 効果のある方法は以下の3点です。 まずはセックスをする• 自分以外の連絡先を消させる• デート代を出させる まずはセックスをする とりあえず、対女性と考えた場合はセックスが必須ですね。 セックスは女性にとっては最強のサンクコストになっていしまいます。 とは言っても、セックスをするために使えるサンクコストが知りたいんだよ! って方がほとんどだと思います。 しかし、セックス前に多大なサンクコストをかけさせようとすると絶対になめられます。 それなので、こちらがサンクコストをかけないように意識しましょう。 セックスをする前にサンクコストをどこまでかけられるかはあなたの魅力度に関わってきます。 私にはこの人しかいない状態を作り上げるわけです。 この状態から、少し冷たくすると、「私が何したら喜んでくれる?」となり仕上がります。 笑 鬼メンタルの持ち主は実践してみてください。 デート代・ホテル代を出させる 文字通りデート代・ホテル代を出させることでサンクコストを積み上げることができます。 しかし、現代の常識では男性が払うとされているものですよね。 そもそもデート自体は女性が行きたい側、男性が付き合わされている側というのが現実だと思います。 付き合わされている側の男性がデート代を支払うこと自体、おかしいのかもしれません。 そのためには「おれ金無いし、出してくれなきゃ行かないよ」というスタンスが受け入れられるように調教する必要があります。 笑 このレベルまで仕上げるには多大なサンクコストを相手にかけさせることが必須になります。 ご褒美の重要性 サンクコストをかけさせることは大切なことです。 しかし、その分ご褒美を与えないといけません。 サンクコストかけっぱなしでは相手はメンタルを病んでしまいます。 あなたにどんな危険が及ぶかわかりません。 相手が自分のために何かをしたらご褒美を与えなくてはいけません。 そしてご褒美候補が下記になります。 ほめる• 頭をなでる• 気持ちいセックスを提供する• 笑わせる え、そんな小さいことでいいの? と思われた方が多いと思いますが、小さなことの方が良いのです。 サンクコストをかけさせておいて自分が同じくらいのコストをかけていたら意味がありませんね。 なので、自分はそこまでコストにならないが相手が喜ぶものをご褒美とする方が良いのです。 また、これらのご褒美を日常的にやってはいけません。 おわりに いかがでしたでしょうか? 少し刺激の強めの内容だったかもしれませんが、現実の恋愛ではコストの掛けさせ合いが繰り広げられています。 皆様がその被害者にならぬよう、またコストをかけさせて女性を魅了できるよう、 サンクコストの達人になって恋愛を成就させてください!.

次の

【悪用厳禁】恋愛サンクコストを4つの例で解説!【初心者向け】|ハゲモテ

サンク コスト 恋愛

あなたは、未練がましく恋愛にしがみついていないだろうか。 もしそうであれば、それはあなたがサンクコストの呪縛に囚われていることを意味する。 恋愛相手にしがみついている男女は、恋愛において失敗する可能性が高い。 先のない恋愛であれば、自分の気持ちがどうあれ、スパッと終わらせた方がいいのだ(恋愛のをした方がいいのだ)。 今回は、恋愛におけるサンクコストの呪縛について書いてみたい。 恋愛に「もったいない」はいらない 端的に言えば、恋愛に「もったいない」はいらない。 男性の場合は、女性をおとすために時間とお金を使うケースが多い。 その時間とお金を「投資」としてもいいだろう。 デートの回数が増え、累積の投資額が増していくと、男性はその投資額を回収したい…という思いが募り、なかなかあきらめがつかなくなる。 恋愛のをすべきである このように恋愛では、男女それぞれに「あきらめきれない…」という思いが生じることがある。 だが、(将来の)見込みがなければ、その時点でスパッと「恋愛の」をすべきである。 「あきらめきれない…」や「もったいない…」という思いに囚われてはいけないのだ。 サンクコスト(埋没費用)とは サンクコスト(埋没費用)という経済学の考え方がある。 事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止によっても戻って来ない投下資金または投下した労力をいう。 サンク・コスト sunk cost ともいう 出典:埋没費用 - 埋没費用がどうのこうの…というのは、ビジネスでよくある話だ。 新規のプロジェクトに投資をしたが、当初の目論見とは違い、(将来)期待した成果は出ないということがわかった。 その時点で当該プロジェクトを道半ばで中止する…ということがある。 その場合、すでに投資した分(お金や労力など)については戻ってこないため、あきらめるしかない。 この、 もはや回収できないコストのことを、「サンクコスト」という。 コストは、お金だけではなく、時間や労力も含む。 以下、この言葉を使うので、意味をよく理解しておいてほしい。 スポンサーリンク もったいない精神はいいことだが… 日常では、「もったいない」という言葉がよく用いられる。 近年では「MOTTAINAI」として、世界にも広がっているようだ。 おそらく、日本人には「もったいない」という精神性が今でもある(薄れたり再評価されたりで、波はあるが…)。 「もったいない~」の逸話は、残念な「無駄」を戒めるためにあるものだ。 それだけを考えると間違う しかし、 「もったいない」だけを考えて行動すると間違う。 食卓に出されたものを全部食べる…という例では、健康のために無理して食べない方がいいケースがある(腹八分の方がいい)。 残せば確かにもったいないのだが、それ以上の健康上のメリットがあれば、もったいなくても残した方がいいのだ。 先に述べたプロジェクトの例でも同様だ。 投資した分(お金や労力など)がもったいないからといって、ズルズル続けてはいけない。 そうすると、結局は大きな損をすることになる。 (将来の)見込みがないとわかった時点で、キッチリ「」をすることが何より大切なのだ。 恋愛におけるサンクコスト 男性がサンクコストに囚われる例 恋愛において、男性が陥りやすい心理がある。 冒頭で少し書いたが、男性は女性をおとすために時間とお金を使う。 デートでは、車を出したり、食事代を出したり…で、毎回そこそこの費用がかかる。 女性の誕生日にはプレゼントだ。 つき合う前であれば、男性は女性の気を引くために奮発するだろう。 この費用はバカにならない。 しかし、何度デートを重ねても、女性は「つき合う」ことに関してはぐらかす。 できないと… 以前の記事で、同じような状況にあったAくんの話をした。 Aくんは、これまでの彼女の言動とそのお断りの内容から、彼女の目的が「暇つぶし」と「食事」だったことが(やっと)わかったそうだ。 彼は、あの時点で相手に言ってよかった、あのままズルズルは最悪だった、傷が浅くて済んだ…と話していた 出典: 彼はある時点で白黒決着をつけたため、それ以上の出費を抑えることができた。 だが、Aくんのような決断ができず、そのままズルズルと煮え切らない状態を続け、その女性に対する累積の投資額が増していくケースだと、男性はその投資額を回収したい…という思いが強くなり、なかなかあきらめがつかなくなる。 これは、泥沼にハマっていくようなものだ。 そして、 最終的には深いダメージを負ってしまう…ということがあるのだ。 女性がサンクコストに囚われる例 女性の場合も、陥りやすい心理がある。 「性格や価値観は合わないけれど、ほかに気になる人も現れなかったので、ズルズル付き合い続けてきた彼氏。 すでに恋愛感情はないけど、もう30歳だし、ここで別れるなんて無理。 だって、5年も付き合ってたんだから……」 出典: 5年もつき合ったのだから、別れるのは無理…と考えるのであれば、「5年」という月日が「サンクコスト」になる。 特に、彼に尽くした…と考えている女性には、その「5年」の重みは相当なものになるだろう。 余談になるが、この重みは男性には想像できないかもしれない。 時間の重みは相当なものだが… もう5年もつき合って自分の(若いときの)貴重な時間を費やしたのだから、結婚まで行かないと意味がない。 これは女性にとって自然な考えだと思うかもしれないが、このようなサンクコストに囚われる思考をしてしまうと、最終的にはもっと大きな不利益を被ることになる。 呪縛から逃れるためには では、大きな不利益を被らないためには、どうすればいいのだろうか。 まず、サンクコストを意思決定の材料にしてはいけない。 感情的には難しいが、これまで支払ったコストはないものとして考えるのだ。 あなたにとって一番重要なのは、「これから」なのだ。 過去のことは失敗として反省し、教訓を学び取った上でスパッと切り捨てればいい。 万両を実践する 相場には、「見切り千両、万両」という格言がある。 見切りをつけることには千両の価値があり、損失をこれ以上広げないために、することには万両の価値がある、という格言だ。 この格言を頭に入れておき、行動の指針にすることだ。 もはや取り返しのつかない費用のことを考えても仕方がないのだ。 スポンサーリンク 恋愛におけるサンクコストの呪縛 - サマリー まとめ 今回は、恋愛におけるサンクコストについて書いてみた。 基本的には、「もったいない」と考えることは悪いことではなく、いいことだろう。 だが、意思決定をする際に、「もったいない」に囚われて、感情的に判断すると間違うことになる。 男性の場合は、女性をおとすために時間とお金を使う。 デートの回数が増え、累積の投資額が増していくと、投資額を回収したい…という思いが強くなり、なかなかあきらめがつかなくなる。 どちらのケースでも、「もったいない」という気持ちが根底にある。 しかし、「もったいない」という気持ちを引き起こす「サンクコスト」を意思決定の材料にしてはいけないのだ。 あなたにとって一番重要なのは、過去ではなく将来なのだ。 今回は恋愛の話をしたが、この考え方は、そのほかのことにも通じることだ。 くれぐれも、サンクコストに囚われないようにしてほしい。 スポンサーリンク 行動メモ: サンクコストは切り捨て、呪縛に囚われないようにする。 言葉にすると簡単だが、「言うは易く行うは難し」という面がある。 それは、単に「もったいない」、「かけた費用や時間を無駄にしたくない」ということもあるし、することは「自分の判断や選択を否定する」ということになり、「自分を貶めることになる」、「否定することになる」と感じるためだ。 この呪縛から逃れるためには、「過去よりも未来が大事」、「今後の利益が一番大事」ということを自分に言い聞かせること、このコストは切り捨てるべきコストだと真に理解することだ。 加えて、サンクコストをできなくなるまで大きくしない、という工夫も必要だ。 今回の記事:「サンクコストの呪縛とは(恋愛編)」• thanxalot.

次の