ノルバスク アムロジピン。 ノルバスク/アムロジン 高血圧症に対する10mgまでの増量 用法・用量の一部変更について

医療用医薬品 : ノルバスク

ノルバスク アムロジピン

アムロジピン:ノルバスク,アムロジン スポンサード リンク 成分(一般名) : アムロジピン ベシル酸塩 製品例 : ノルバスク錠2. 高血圧や狭心症の治療に用います。 作用 【働き】 心臓や体の血管を広げて血流をよくします。 そうすると血液の抵抗が減り、血圧が下がります。 また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします。 おもに高血圧や狭心症の治療に使用されます。 血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。 そのほか、脳、腎臓、手足、目の網膜など体全体の血流を改善するので、いろいろな病気に応用されることがあります。 【薬理】 血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上がります。 このお薬は、カルシウムが細胞内に入るのをおさえます。 その結果、血管が広がり血圧が下がります。 このような作用から「カルシウム拮抗薬」と呼ばれています。 カルシウム拮抗薬に分類されます。 この系統は、効き目がよく、また安全性が高いことから、高血圧症に対する第一選択薬の一つとして汎用されます。 一般的には、安定した効果を発揮する持効タイプの製剤が用いられます(1日1回もしくは2回の服用でよいもの)。• 血糖、尿酸、脂質などに影響しません。 年齢を問わず広く用いることができます。 とくに合併症の多い高齢の人に適します。• 持効性のカルシウム拮抗薬を用いた長期臨床試験で、予後改善効果(長生き効果)も認められています。• 同類薬としては、ゆっくりと効きはじめ作用時間が長いのが特徴です。 潮紅、頭痛、動悸などの副作用も少ないです。 たいへんよく使われています。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人、また妊娠中の人は、医師に伝えておきましょう。• 服用中の薬は、医師に伝えてください。 【注意する人】 高齢の人は副作用がでやすいので、少量より開始するなど慎重に用います。 注意が必要なケース..重い肝臓病、重い腎臓病、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 他の降圧薬や利尿薬と併用するときは、血圧の下がりすぎに注意します。• 飲み合わせによっては、この薬の血中濃度が上昇するおそれがあります。 たとえば、抗生物質のエリスロマイシン(エリスロシン)やクラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)、抗真菌薬のイトラコナゾール(イトリゾール)、高血圧や心臓病に用いるジルチアゼム(ヘルベッサー)などに注意が必要です。• 逆に、抗結核薬のリファンピシン(リファジン)や、抗けいれん薬のフェノバルビタール(フェノバール)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)あるいはカルバマゼピン(テグレトール)などは、この薬の血中濃度を低下させるかもしれません。• 免疫抑制薬のタクロリムス(プログラフ、グラセプター)や高脂血症治療薬のシンバスタチン(リポバス)の血中濃度を上昇させる可能性があります。 併用時は副作用の発現に注意が必要です。• グレープフルーツジュースは飲まないほうがよいでしょう。 同時服用により、この薬の血中濃度が上昇するおそれがあるためです。• 飲酒は控えましょう。 アルコールは、めまいや動悸などの副作用を強めます。 【使用にあたり】• 決められた飲み方、服用量を守ってください。• 効果の発現は遅く、ゆっくりと効いてきます。 【検査】 心電図検査や血液検査をおこなうことがあります。 決められた検査を受けるようにしましょう。 【妊娠・授乳】 基本的に妊娠中は禁忌です。 けれど、特別に危険性が高いわけではありません。 他の降圧薬が効かない場合など、医師の判断で用いることがあるかもしれません。 降圧作用にくわえ、妊娠期間や分娩時間を延長する作用もあります。 【食生活】• 血圧が下がり、めまいを起こすことがあります。 車の運転や高所での危険な作業には十分注意してください。• 本態性高血圧症では、生活習慣の見直しも大切。 減塩などの食事療法、運動療法、肥満があれば体重を落とすだけでも血圧が下がるものです。 軽い高血圧であれば、薬をやめられることもあります。 できたら簡易血圧計で自宅で血圧測定をおこない、適切に血圧がコントロールされているかチェックすることをおすすめします。 高血圧症• 狭心症 用法 【成人】• 高血圧症..通常、成人はアムロジピンとして2. 5〜5mgを1日1回経口服用する。 なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。• 狭心症..通常、成人はアムロジピンとして5mgを1日1回経口服用する。 なお、症状に応じ適宜増減する。 【小児(2. 5mg、5mg)】 高血圧症..通常、6歳以上の小児は、アムロジピンとして2. 5mgを1日1回経口服用する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 注意:6歳以上の小児への投与に際しては、1日5mgを超えないこと。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは、顔のほてり、潮紅、頭痛、動悸(ドキドキ感)、めまいなどです。 徐々に慣れてくることが多いのですが、ひどいときは早めに相談してください。 長く飲み続けるていると、足の甲がむくんだり、歯肉が腫れてくることがあります。 歯肉の腫れは、歯肉をよくブラッシングし口内を清潔に保つことで、ある程度予防可能なようです。 重い副作用はほとんどありませんが、もし、胸が痛んだり、脈が異常に遅くなるときは(1分間に50以下)、すぐに受診するようにしてください。 そのほか肝障害や血液障害も報告されています。 以下のような症状に念のため注意してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 横紋筋融解症..手足のしびれ・こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。 【その他】• 顔のほてり、潮紅、頭痛• 動悸、頻脈、徐脈、胸の痛み• だるい、めまい、立ちくらみ、血圧低下• 足のむくみ、歯肉の腫れ• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

血圧を下げる薬「アムロジピン」の副作用は意外なところに現れる?

ノルバスク アムロジピン

ノルバスクとアムロジピンのちがいは? わたしは現在 ノルバスク2.5mgを服用しておりますが、 (服用してまだ10日足らずです。 ) カルシウム拮抗薬を服用し始めた直後から、原因不明の咳に悩まされています。 処方された抗生物質や咳止めを飲み続けてますが、少しはマシになったものの1ヶ月以上経っても 完全に治りません。 ちなみにノルバスクの前はユニシアLDを1ヶ月服用しておりました。 その前は ブロプレスです。 ブロプレスを服用中は咳はでませんでした。 まだ自己判断なので咳の原因はカルシウム拮抗薬かどうかわかりませんが 近々病院にいくつもりです。 、 もし、先生に相談したのち、別の薬を処方された場合 まだ残っているノルバスクをもったいないので、母にあげようかと考えています。 母はアムロジピンの5mgを服用しているのですが、 基本処方薬の譲り渡しはよくないとは思うのですが、同じ成分なら問題ないかな。 とおもっています。 わたしのは2.5mgなので 母は2錠 飲むようにすれば いいですかね? それとも母にあげずに処分するほうがいいですか? 製薬会社と名前の違いだけですが 規格が2.5を2錠飲めば5mgになるかというとそうでもないです 当医院でも2.5mgと5mgのアムロジピンを処方していますが この理由だと思います 2.5mgを2錠飲んでいる人もいれば5mgを1錠の方もいます ですから・・・・ ただノルバスク(アムロジピ)で咳が出る。 って方に逢ったことがありません・・・ 逆に他の薬を処方されるんじゃないか?って時に お持ちになると薬の清算(数合わせ)してくれるはずですよ! 簡単には言えませんがもし? もったいないからとあげるのでも1錠から飲んだ方が良いと思います 自宅で血圧など測ってくださいね そして残量が何粒しかないのであれば処分した方が良いと思います.

次の

ノルバスク(アムロジピンベシル酸塩)5mg(トルコ製)(Norvasc (Amlodipine Besylate)

ノルバスク アムロジピン

アムロジピンは血管を広げることで血圧を下げる効果を持った飲み薬です。 先発品は「アムロジン」または「ノルバスク」という名前で販売されており、各社からジェネリック医薬品も発売されています 1。 血管が収縮するときに、体内のカルシウムが重要なはたらきをします。 アムロジピンはこのときのカルシウムのはたらきを邪魔することで、血管が収縮することを防ぎ、こうしたメカニズムから「カルシウム拮抗薬」に分類されます。 カルシウム拮抗薬は他にもたくさん種類がありますが、アムロジピンはその中でも特によく使われている薬です 2。 このコラムでは、このアムロジピンについて、特に副作用に焦点を当ててみたいと思います。 ちなみに、「カルシウム拮抗薬」という名前から時々誤解されますが、骨がもろくなったりすることはありませんので、ご注意ください。 この副作用の対処は、基本的に薬を止める・替えることになります。 これにより、多くのケースで、1-8週間で回復に向かいます 3。 カルシウム拮抗薬には、アムロジピン以外にも種類があるので、それに変更するのが現実的でしょう。 もちろん、他のカルシウム拮抗薬も、作用メカニズムは同じなので、同じ副作用を起こす可能性はあります。 しかし、その確率は薬によって多少の差があるほか、個々人と薬の相性もあるため、種類を変えることで安全に継続できる可能性は十分あり得ます。 予防として、歯磨きを一生懸命して、歯垢を除去することは大切です 3。 これだけで発症を完全に防ぐことはできませんが、確率を低くするという意味から重要です。 定期的に歯科に受診し、メンテナンスをしてもらうのもよいでしょう。 1 薬価基準点数早見表平成28年4月版 じほう 2 第1回NDBオープンデータ 3 Dongari-Bagtzoglou A, J Periodontol. 2004 Oct;75 10 :1424-31. PMID: 15562922 4 Sica D, J Clin Hypertens Greenwich. 2003 Jul-Aug;5 4 :291-4, 297. PMID: 12939574 5 McDonagh MS, et al. Drug Class Review: Calcium Channel Blockers: Final Report [Internet]. PMID: 20496186 6 ノルバスク 添付文書 ファイザー株式会社.

次の