自動車 保険 見積もり。 [無料]自動車保険の料金相場を知れる!見積もりシミュレーション|自動車ランニングコスト

自動車保険シミュレーション・簡単見積もり

自動車 保険 見積もり

自動車保険会社はたくさんあるんだ。 同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。 私はこういった人をたちを救いたいんだ! ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それはの 無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ! 運営チームも数名試した結果、 同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。 中には5,0000円以上も安くなった人まで。 同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません! なら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。 電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。 ソニー損保 画像出典:ソニー損保 個人情報不要の見積もりだけではなく、事故対応力に重視したサービスがソニー損保の特徴と言えるでしょう。 ソニー損保の見積もりサービスを利用する場合、以下の情報は不要となります。 電話番号 この2つにより個人の情報が割り出されてしまうこともあり、悪徳業者が相手であれば悪用されるかもしれません。 しかし ソニー損保は顧客満足度で第1位になったこともあり、顧客の個人情報の取り扱いについては問題ないでしょう。 見積もりはソニー損保の公式ホームページ上から行えますが、登録する自動車の検証が細かいかもしれません。 自分の自動車のメーカーや車種などは事前に把握しておいた方が、見積もり結果をすぐにチェックできるでしょう。 SBI損保 画像出典:SBI損保 数ある自動車保険の中でも、SBI損保はコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。 個人情報不要の見積もりサービスを利用する場合、以下の流れに従ってください。 見積もりの対象となる自動車ナンバーの種類を選択する• SBI損保の自動車保険をどこで知ったのかというアンケートに答える• 運転者に関する情報を入力する• 過去に契約した経験があるかなどの自動車保険に関する情報を入力する• ナンバーや車種などの自動車に関する情報を入力する• 見積もり結果が表示される 車両保険などの特約を細かく設定した上で申し込みができるため、保険料が無駄に高くなることを回避できるでしょう。 不要に感じた特約などがあれば、よく考えた上で外すことをおすすめします。 匿名で見積もりできる自動車保険4社の比較一覧表 保険会社 保険料 利用した感想 ソニー損保 35,280円 顧客満足度で1位になるほど信頼性が高い 三井ダイレクト損保 39,380円 信頼性は高いが他と比較すると保険料が高めなのが少し残念 SBI損保 30,840円 保険料が安く、特約が細かく設定できるのは嬉しいポイント アクサダイレクト 27,620円 圧倒的な保険料の安さ 【個人情報不要】匿名で見積もりできる一括見積もりサイト 保険会社の公式ホームページ上の見積もりサービスだけではなく、 個人情報不要で利用できる匿名の一括見積もりサイトを利用することもおすすめです。 インターネットを利用すれば、複数の自動車保険の情報をチェックできます。 たとえば保険会社の情報を一つずつチェックしていては、時間がかかり効率も悪いのではないでしょうか。 一括見積もりサイトは一度のタイミングで複数の保険会社の情報がチェックできるため、時間を気にする人におすすめします。 自動車保険一括見積もりは最も安い保険料会社がすぐわかる 常に自動車保険に関する最新の情報が掲載されている一括見積もりサイトを利用すれば、最も保険料が安い保険会社がわかります。 匿名で利用できるだけではなく、必要な情報が2分から5分程度でチェックできることがメリットです。 ただし必要な情報や個人の入力スピードの差などにより、5分以上時間がかかることもあります。 一般的な一括見積もりサイトの場合、以下のような情報が必要となるでしょう。 車種や年式などの自動車に関する情報• 損害賠償限度額などの補償に関する情報• 氏名やメールアドレスなどの個人に関する情報 匿名で利用できない場合もありますが、個人情報の入力が求められる一括見積もりサイトは複数存在します。 セキュリティがしっかりしていれば、問題なく安い保険会社がわかるでしょう。 自動車保険一括見積もりについて• 一括見積もりサイトで入力するだけ• すべて無料• 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど• たった3分ほどの入力• 入力後、リアルタイムで見積もり比較• 営業電話なし!電話のやり取り不要 「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。 『』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。 安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。 無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。 ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。 最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。 どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。 【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang! 』 一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表 参加保険会社 保険スクエアBang! 』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。 保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。 当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。 ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang! の方が信頼感は上です。 どちらか迷っている方は、保険スクエアbang! を選択すれば間違いありません。 複数の情報を一度にチェックすることができるため、個人情報を入力せずに安い保険会社を見つけたい場合はイオン保険マーケットを利用しましょう。 他の一括見積もりサイトでは住所などの入力を求められる場合もありますが、イオン保険マーケットで入力する必要がある個人情報は以下の通りです。 住んでいる都道府県• メールアドレス この2つは必要となりますが、個人情報を細かく入力するわけではありません。 たとえば住んでいる都道府県の場合、都道府県だけを入力すれば良いのです。 市区町村や物件名までは不要なため、安全性が高いのではないでしょうか。 サービスを利用する場合、以下の流れに従い情報を入力することになります。 イオン保険マーケットの入力手順• 【1】契約の基礎情報を入力する• 【2】自動車の情報を入力する• 【3】契約者の情報を入力する• 【4】補償内容を設定する• 【5】見積もり結果が表示される 完了後にメールが発信されるため、必ず受信したことをチェックしましょう。 個人情報なしで調べるメリット(個人情報流出を懸念) インターネットなどのニュースで、個人情報の流出が取り上げられているところを見たことがある人もいるでしょう。 信頼性の高いサービスを見極めることが大切であり、個人情報を悪い相手に渡すと損害が発生するかもしれません。 しかし個人情報なしでチェックが可能な一括見積もりサービスであれば、心配することはないでしょう。 上記で紹介したイオン保険マーケットのように、メールアドレスなどの情報は入力しなければならない場合もあります。 それでも氏名や電話番号などを入力する必要がない場合、流出により悪用されることは回避できるでしょう。 一括見積もりサイトは利便性だけではなく、情報に関するメリットが期待できるかどうかで選ぶことをおすすめします。 個人情報なしで調べるデメリット(概算しかわからない) 精密に計算するのではなく、だいたいの保険料を算出することを概算と言います。 個人情報なしで一括見積もりができることには個人情報流出を回避するメリットがありますが、 概算しかわからないというデメリットもあります。 個人情報不要で一括見積もりができることは良いですが、その分計算がいい加減に行われているのかもしれません。 自動車保険に関する情報を正確にチェックしたいのであれば、よく検討した上で利用してみてください。 【推奨】不正使用アンド勧誘もない個人情報ありの一括見積もり 保険会社にとって自動車保険の見積もりを行う人は、将来お客様になるかもしれない予備軍と言えるでしょう。 保険会社はシェア争いが激しいと言われているため、将来のために個人情報の入力を求めているのではないでしょうか。 もし個人情報ありの一括見積もりサイトを利用する場合、そのサイトを細かくチェックしてみてください。 以下のような内容がチェックできれば、信頼しても良いのではないでしょうか。 個人情報の不正使用を行わないこと• しつこい勧誘を行わないこと 個人情報の取り扱いについて詳しい内容がチェックできない場合、利用しない方が良いでしょう。 優良な一括見積もりサイトであれば過度な勧誘は行わず、登録したメールアドレスにキャンペーンの案内メールが届く程度で済むでしょう。 案内メールが不要であれば、届かないように設定できる場合もあります。 適切な管理が行われていることがわかれば、個人情報ありの一括見積もりサイトを利用しても問題ないでしょう。 まとめ 個人情報不要で利用できる自動車保険の見積もりサイトは、信頼性を重視して選ぶことが重要です。 一括見積もりの結果がすぐにわかったとしても、その後悪徳な会社に利用されてしまったら損をしてしまうのは自分なのです。 見積もりサイトは基本的に無料で利用できるため、事前に複数のものをチェックしておくことをおすすめします。 その中から信頼性の高いものを試しに利用し、特に問題がなければ他のものも利用してサービス性の比較を行うのです。 事前に見積もりを行わずにいい加減な内容で自動車保険に加入してしまうと、必要以上に高い保険料を支払うことになるでしょう。 見積もりにより保険料が数万円程度安くなる場合もあるため、信頼できるものは積極的に利用しましょう。

次の

自動車保険の最大20社一括見積もり&比較|保険の窓口インズウェブ

自動車 保険 見積もり

型式 メーカー 車名 用途 改造の有無 登録番号(ナンバーの有無) 初度登録年月 車両所有者と契約者の関係 満期日(現在契約中の場合) 保険会社(現在契約中の場合) 等級(現在契約中の場合) 保険請求回数(現在契約中の場合) 対人賠償責任保険 対物賠償責任保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険 使用目的 年間予定走行距離 主な運転者(免許の色なども選択) 運転する家族 運転する最も若い方の年齢 氏名 住所 電話番号 メールアドレス これを見ると「うわっ!」って 思うかもしれませんね。 でも、実際オ ンラインで 見積もりを取る場合は 項目を選択するだけなので 全く手間ではありませんのでご安心を。 あと、これから車を購入する人は ナンバーが無くても 概算の見積もりを取得出来ます。 結局、ナンバーが合ったとしても 実際に契約をするまでは 正確な金額が出る事はないので、 それほど気にしなくても大丈夫です。 オンラインで見積もりを取る際は 手元に車検証と運転免許証を 用意しておきましょう。 これだけでほとんどの内容が 記入できます。 あとは、 購入する予定の車の型番と 登録年月日をネットで調べましょう。 残りの項目に関しては 何かに記載してある内容ではなく 自分がどのように車を利用するのかが 決まっていれば問題ありません。 例えば、通勤で使う 年間3000Kmくらい乗る 自分一人で乗る・・・ などの事ですね。 ネットの見積もりサイトは 項目毎にヘルプが見られるので 初めての人でも簡単です。 自動車保険の見積もりを取る際は 複数社をまとめて比較しましょう。 これでどこの保険会社が安くて どこの保険会社が高いのかが わかります。 その時に、気になる保険会社を いくつかピックアップして 直接、見積もりを取るのが 効率が良いです。

次の

法人向け 自動車保険の一括見積もり【保険スクエアbang! 自動車保険(法人)】

自動車 保険 見積もり

他社で自動車保険に加入されているお客さま 他社から切り替えたい方は下記ボタンよりお進みください。 \お見積もりは個人情報不要!/ はじめて 自動車保険に加入されるお客さま はじめて契約する方、今は契約がない方は下記ボタンよりお進みください。 \お見積もりは個人情報不要!/ 複数台 2台目以降をご検討中のお客さま \複数台割引(注1)が適用されて保険料がお得!/ 中断証明書をご利用のお客さま(注2)• 「複数台割引」は、保険始期日が2020年1月1日以降のご契約が対象です。 三井ダイレクト損保が発行した「海外中断」の中断証明書をお持ちの方、または、三井ダイレクト損保以外が発行した中断証明書をお持ちの方は当社Webサイトからお申し込みができません。 当社お客さまセンターにご連絡ください。 車両入替により無保険となったお車()でお見積もり・お申し込みされる場合は、「お見積もり・お申し込み(はじめての方)」からお手続きください。 お見積もりをされたことのあるお客さま 三井ダイレクト損保Webサイト以外でお見積もりされたお客さま 一括見積サイト 注2 やお電話 注2 を利用したお見積もり結果の確認・修正、お申し込み手続きをされるお客さまは下記ボタンよりお進みください。 お申し込みまでお手続きいただけます。 他の商品で見積登録されたことのあるお客さまもお手続きいただけます。 「お見積もり結果のご案内」メールに記載された「アルファベット2桁で始まるお客さま番号」と「パスワード」をご用意ください。 「申込書兼確認書控え」に記載された「アルファベット2桁で始まるID」と「パスワード」をご用意ください。 過去ご契約のあったお客さまや三井ダイレクト損保のご契約者さまで2台目以降のお手続きをされるお客さま.

次の