なぜ しゃっくり が 出る のか。 しゃっくりが出やすい病気とは?

「びっくりさせる」は正しい?漢方医学から考えるしゃっくりの止め方と原因

なぜ しゃっくり が 出る のか

「しゃっくり」が止まらない! きっと多くの方が経験したことがあるはずです。 医学用語では「吃逆(きつぎゃく)」と呼ばれます。 巷では、いろいろな原因や治し方が噂されますが、今日はちょっと科学的に説明していきたいと思います。 通常、しゃっくりはだいたい数分から1時間程度で止むことが多いといわれています。 しかし。。 アメリカにはなんと「68年間」もしゃっくりを続けた男性がいるそうです。 チャールズ・オズボーン(Charles Osborne、1894年4月2日 — 1991年5月1日)は、アメリカ合衆国アイオワ州出身の人物である。 オズボーンは、1922年から1990年まで、約68年間ひっきりなしに「しゃっくり」し続けたことで名高い人物であった。 wikipedia このことからも「しゃっくり」そのものが、直接害を与えることはありません。 ただ体力的にはつらいですし、やっぱり気になりますよね。 では、しゃっくりはなぜ起きるのでしょう?そのしくみを順にみていきましょう! 目次• しゃっくりはなぜ起こる!? 結論から言うと、横隔膜・吸気肋間筋・声門の 「痙攣(けいれん)」だと考えられています。 「けいれん」というのは、筋肉が激しく収縮することを指します。 「横隔膜」は肺の下側にある筋肉の膜で、これが上下に動くことで、肺がふくらんだり、縮んだりするわけです。 「吸気肋間筋」は、息を吸うときに肋骨を引き上げて、肺がおさまっている空間を広げるための筋肉です。 息を吸うときには鳩のように胸が膨らみますよね。 これが吸気肋間筋の役割というわけです。 「声門」は肺から通ってきた空気が通る隙間で、そこを通った空気が振動して音を発生させます。 すると、「横隔膜が一気に下がる」+「肋骨が引き上げられる」ために、肺内に急激に空気が吸い込まれます。 それとほぼ同時に、声門の筋肉にも脳から信号が届き、声門が突然閉まってしまいます。 つまり、 息が入ってくるのに急に入口が閉まった状態になってしまうので、あの 「ひっく!」という音がでてしまうというわけです。 そもそも「信号」はどこからでるの? しゃっくりの信号を発信するのは、脳の 「延髄」という部分です。 延髄は呼吸の運動を制御しているところです。 内臓や皮膚などへの刺激が延髄に伝わると、反射的にしゃっくりの信号が発生すると考えられています。 例えば、早食いや炭酸飲料を飲むなどして急激に胃が膨らんだり、冷たいものによる胃の急激な温度変化を起こしたりするとしゃっくりが起こります。 その理由として、胃腸には脳に直接つながる神経(迷走神経)が非常に多く通っていることが挙げられます。 だから、胃への刺激はしゃっくりを誘発しやすいのですね。 手術中に、腹腔内を水で洗浄するなどして胃に直接刺激が加わると高頻度でしゃっくりが起こることからも、この説明は納得がいきます。 胎児もしゃっくりをしている!? では、そもそも「しゃくり」は何のために起こるのでしょうか? 例えば、「咳」は同じ延髄から指令でおこるで起こります。 咳は急激に空気を吐き出して、気道にある異物を排出するための現象です。 一方で、しゃっくりについてはその意義について不明な点が多いのです。 実は胎児も母親のお腹の中でしゃっくりをすることが知られています! 胎児にとって、しゃっくりは、のどや鼻につまった異物を取り除くためという説がありますが、はっきりとは分かっていないのが現状のようです。 二酸化炭素がけいれんをおさえる? 世の中には、様々なしゃっくりの止め方が存在します。 ・息を止める ・コップの反対側から水を飲む ・びっくりさせる これらの多くに共通するのは、一時的に 「血中の二酸化炭素濃度をあげる」ということです。 血中の二酸化炭素が上がると、脳の神経の興奮が抑制されてしゃっくりを引き起こす信号が送られにくくなります。 息を止めたり、飲みにくい方法で水を飲んだりすると、呼吸の回数が少なくなり、結果的に血中の二酸化炭素が上昇するというわけです。 そのほかには、「のどの奥を綿棒で刺激する」「冷たい水を飲む」といった方法も知られています。 これらの方法は、「しゃっくりを引き起こす刺激」と似た刺激を与え、脳を刺激になれさせることでしゃっくりを抑えられると言われています。 というように、身近なこともちょっと科学的に考えてみると、意外に根拠があったりしておもしろいですよね! しゃっくりの注意点は? 最後に、しゃっくりの「注意点」です。 はじめに書いたように、しゃっくり自体は健康な人でも起こり、身体の異常を心配する必要はありません。 ただ「2日以上」続くようであれば、病気が背景に隠れている可能性があるといわれています。 逆流性食道炎などの胃腸の病気では、しゃっくりを誘発する神経が継続的に刺激されることがあります。 また、腫瘍(がん)などでも、持続性のしゃっくりの原因になることが知られています。 長時間しゃっくりが続くことで、体力の消耗や不眠になったりすることもあります。 ひどいときは神経の興奮をおさえる薬を使用するケースもあります。 以上、ちょっと趣向を変えて身近な話題である「しゃっくり」について説明してみました。 皆さまの参考になれば幸いです! 参考:Newton 11. 2013.

次の

しゃっくりが頻繁に出る・出やすいんですが。ここ数日、しゃっく...

なぜ しゃっくり が 出る のか

院長 清水一郎先生の医療ブログ こんにちは。 おひさまクリニックです。 皆さんは、普段の生活で しゃっくりしてしまうことはありますか? 本日は、おひさまクリニック院長 清水一郎先生が、 しゃっくりが起こる理由、止め方について まとめた記事を紹介致します。 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ しゃっくりは、一般に熱いものを飲んだとき、 食道から胃液が逆流したとき、 かぜでのどが腫れて炎症が波及したときなど、 舌咽神経などの神経が刺激されて発生します。 もう少し医学的に説明すると、 舌咽神経などから延髄神経に刺激が伝達されて、 横隔膜が収縮する(下がる)からです。 この際同時に、気管の入り口にある声帯が閉じて 「ヒクッ」と音が出るわけです(図1参照)。 舌咽神経とは口と鼻の奥にある神経です。 ここに熱い食べ物、胃液、のどの腫れなどが加わることで、 意思と関係なく横隔膜が収縮してしゃっくりが発生します。 しかし、逆に舌咽神経を刺激するとこのしゃっくりが止まりやすいのです。 息を吸って10-20秒息止めるなどの方法があります(図2参照)。 ただ、注意点は、数日も止まらない場合です。 脳梗塞・脳腫瘍、神経・消化器等の病気が 隠れていることがありますので注意が必要です。 皆さん、お気をつけ下さい。

次の

しゃっくり:医師が考える原因と対処法|症状辞典

なぜ しゃっくり が 出る のか

point• しゃっくりは反射運動の一種だが、医学的には何の機能も果たしていない• 新しい研究は胎児のしゃっくりと脳波の関連から、これが呼吸訓練の名残である可能性を指摘している 人間生きていれば一度や二度はしゃっくりに悩まされた経験があるでしょう。 そのたびに思うのが「これなんのために起きるの? 人体に必要なものなの?」という疑問でしょう。 結論から言うと、残念ながら しゃっくりの存在理由は現在のところ謎のままです。 しかし、その理由について最近、興味深い説が発表されました。 その説によると、 しゃっくりは子宮内にいる胎児が呼吸を学ぶために必要な機能かもしれないというのです。 果たしてしゃっくりは本当に人間に必要なものなのでしょうか? この研究はユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の神経科学の研究員Kimberley Whitehead氏を筆頭とする研究チームにより発表され、オランダの医学雑誌『Clinical Neurophysiology』2019年12月号(130巻)に掲載されています。 Event-related potentials following contraction of respiratory muscles in pre-term and full-term infants しゃっくりの謎 しゃっくりはハンマーで膝を叩いたときにぴょんと脚が跳ねるのと同じ様な、 一種の反射運動です。 Credit:depositphotos こうした反射運動の多くは人間の身体を守るために起こるものが多く、熱いものに触れて即時手を引っ込めてしまうのも反射運動です。 しゃっくりは主に、食道や胃への刺激をトリガーにして、脳幹が横隔膜や呼吸筋へ信号を送ることで不随意な収縮を発生させることで引き起こされています。 このとき、 喉頭蓋という物を飲み込むときに気道に蓋をする舌の後ろの弁が閉じます。 これが特徴的な「ヒック」という音を立てる原因です。 横隔膜が痙攣する以上、素直に考えれば何らかの呼吸を補佐する機能のように感じます。 しかし、実際 しゃっくりは気道を塞いでしまうため、呼吸に対して意味のある働きをしていません。 異物を吐き出して窒息を防ぐような絞扼反射という反射運動も存在しますが、しゃっくりはそうした運動とも異なり気道や喉を保護する動きもしていません。 このため、 研究者たちは、しゃっくりの反射運動が「何の機能も果たしていない」と首を傾げています。 そこで提唱されているのが、しゃっくりは今の私たちに必要ではないが、かつての私たちに必要だった機能の名残なのではないか? という考えです。 成長した私たちと異なり、子宮内の胎児はまるで状況が異なっています。 子宮内では、胎児は胎盤を通じて身体に必要な酸素を摂取しています。 しかし、赤ちゃんは生まれるとすぐに自分の力で呼吸することを求められます。 これに失敗した場合、命はありません。 こうなるとぶっつけ本番で呼吸をすることはリスクが高いでしょう。 赤ちゃんは母親の子宮内にいるとき、しゃっくりによって呼吸筋を繰り返し収縮させ、呼吸の訓練をしているのです。 もちろん体内で本当に呼吸をする必要はありません。 だからこのとき気道は閉じて吸入は阻害されるのです。 Credit:depositphotos 新しい研究が行ったのは、子宮内の胎児や、新生児が行うしゃっくりと脳活動の関連です。 この調査によると、胎児は推定1日に14分程度しゃっくりをして過ごします。 早いと、このしゃっくりは妊娠9週間という時期から始まっていたと言います。 こうしたしゃっくりの発作は、新生児の脳波を刺激していました。 動物の研究では、不随意な筋肉の収縮は脳が身体の各部を認識するための「ボディマップ」形成に利用されているとわかっています。 横隔膜の収縮も、潜在的に脳が呼吸筋の制御方法を理解するためのプロセスと考えられるのです。 人間の呼吸はほとんど無意識に行われます。 しかし、私たちは深呼吸するときなど意識的に呼吸することも可能です。 これは、赤ちゃんのときにしゃっくりを通じて呼吸筋の制御方法を脳が学んでいたためかもしれません。 つまり しゃっくりは、胎児のとき必要だった神経回路が生後も脳幹に埋もれて維持されており、何らかの刺激によって偶然活性化されて起きている可能性が高いのです。 このため、 研究者たちの一致した見解は、「しゃっくりは新生児にとっては重要な機能だが、今の私たちにとってはまったく無用なもの」とのこと。 ゲームで例えるなら、テストプレイ用に開発時に入れていたシステムを消し忘れて発売しちゃった、という感じなのでしょう。 しゃっくりはそんな開発段階の初期機能が悪さをする、ただのバグみたいな存在のようです。

次の