野良猫 うるさい。 朝・夜中の猫のうるさい鳴き声の原因は?今すぐできる5つの対策!

夜野良猫がうるさいんですけどなにかいい方法とかないですか?退治したいです。 ...

野良猫 うるさい

更新日:2020年6月8日 動物指導センターでは、放し飼い、糞尿、鳴き声などによる被害で困っているという市民からの相談や苦情にも順次対応しています。 注意 犬の放し飼いは明確な条例違反 大阪府動物の愛護及び管理に関する条例 ですが、その他の苦情に関しては、個人の考え方や感じ方による個人差があります。 「鳴き声がうるさい」等、個人の感じ方に大きく左右される問題を解決するためには、できるだけ、同じように迷惑している近隣の方複数で飼い主に話すなどした方が効果的です。 どうしても本人同士での解決が難しい場合は動物指導センターにご連絡ください。 動物指導センターでは、苦情届出者と飼育者どちらか一方の話をうのみにせず、双方からお話を伺って、必要があると判断した場合は指導啓発を行います。 また、公園や集合住宅など、管理者が管理している場所については、まずはその場所を管理している方にご相談ください。 動物指導センターでの対応例 1 犬の苦情 1 鳴き声 犬が鳴くのにはそれぞれ理由があります。 また、犬の鳴き声が騒音と感じるかどうかには個人差があり、ある人にとっては耐え難い騒音に聞こえ、ある人にとっては特に気にならないようなこともあります。 動物指導センターでは、鳴き声をどう感じるかは個人差があることを相談された方にご理解いただいた上で、飼育者に対し事実確認を行い、必要に応じて配慮するよう啓発します。 2 放し飼い、糞尿被害 散歩中に犬を放し飼いしている、また糞を置き去りにする飼育者については、その自宅が判明している場合には、直接飼育者に指導しています。 飼育者の身元が不明である どこの人かわからない 場合は、指導が困難です。 糞尿被害については啓発看板及びリーフレットを作成しており、堺市役所及び各区役所 堺区役所を除く もしくは動物指導センターで無料配布していますのでご活用ください。 啓発看板 2 猫の苦情 1 飼い主不明の猫の捕獲依頼 動物指導センターでは、大怪我やひん死の状態の猫以外、こちらから引取りに伺うことはありません。 また、元気な野良猫を捕獲したりもしていません。 猫は、犬と異なり法令で規制されておらず、行政では捕獲は行っていません。 大怪我をしていて、放置することで苦痛がむやみに長引くことが想定されるような場合は、動物愛護の観点から引取りします。 2 糞尿被害 猫が自宅の敷地に入り込み糞尿をして迷惑しているとの相談はとても多いです。 しかし、大怪我やひん死の状態の猫以外、原則として保護・収容は行いません。 野良猫の糞尿被害等でお困りの方には、次のことを行っています。 家の敷地内に猫が入ってこないようにするアドバイス• 猫よけの機械の貸出 約2週間 市販されているもので、効果があることを確認するために貸出しています。 1回限りの貸し出しです。 啓発看板の無料配布 各区役所もしくは動物指導センターで無料配布していますのでご活用ください。 無責任に野良猫に餌やりを行い、野良猫を増やしている人への啓発.

次の

野良猫対策の3つの方法

野良猫 うるさい

スポンサーリンク 可愛くてペットとしても人気の猫ですが、夜行性のために夜に騒ぐこともあります。 人間と一緒に生活している猫ならそうでもないですが、とくに野良猫は真夜中だろうとお構いなく騒ぎ立てるので、人間にとっては睡眠妨害をされてしまい、うるさい野良猫に眉をしかめることもあるようです。 とくに発情期の時は大きな声を出すので、こうなるとますます安眠妨害で睡眠不足になってしまいます。 そういった対策としては、できるだけ家の付近に野良猫が近寄らないように工夫することが効果的です。 たとえば庭に猫が嫌がる匂いのハーブを植えるとか、同じようにそういった猫対策用の薬剤なども売られていますので、それを利用するのも良いでしょう。 またもっと高性能なものとして、超音波やIEDライトを使ったセンサーというものもあります。 猫が近づくとセンサーが感知し、超音波などを発生させて猫を追い払うというものです。 ちなみにソーラー充電式のものもあり、地面へ直に置くタイプや壁面にかけるタイプなど、いろいろなものがあります。 スポンサーリンク 猫の大きな声は実に迷惑ですが、しかしながらそんな野良猫のトラブルに対して、地域ぐるみで活動しているケースもあります。 その中でも比較的有名なのがTNR活動で、これは野良猫を捕まえて雌なら避妊手術を、雄なら去勢手術を施し、猫が痛みを感じない耳の先をカットして、再び元の場所に帰すという活動です。 こうすることで繁殖することがなくなり、大きな声のトラブルやトイレなどのトラブルも減少し、地域猫もこれ以上は増えなくなります。 何もせずに放置していると、猫は繁殖力は強いですし、どうしても可愛いということで、飼い主でない人が餌やりなどをしてしまうこともあります。 こうして猫はどんどん増え続ければ、自動車事故なども増えますし、猫を不快に感じた人が捕まえて保健所へ連行し、そのまま殺処分されてしまうこともあります。 そんな猫の不幸を止めるためにも、TNRは効果的な活動と言われています。 またTNRと同時に、そういった組織では子猫などの飼い主探しの斡旋なども実行しています。 スポンサーリンク 本気で野良猫被害をストップするなら.

次の

番人くんはうるさい!これを知らないと悲惨なことに・・・

野良猫 うるさい

A ベストアンサー 獣医師です。 野良犬、野犬、飼い主不明の犬の場合であれば、保健所で対応してくれると思いますが、 猫の場合は対応不可だと思います。 少なくとも私が知っている自治体の管理センターでは犬は捕獲しに出張してましたが 猫は持込のみでした。 犬は法的に係留、登録の義務がありますが、 猫の場合はそういった法的な規制が無いため、外飼いしている人もいます。 質問者さんを悩ます猫もはたして野良かどうか微妙なところでしょう。 では何かできることは?となると良い悪いは別として ・捕獲して保健所(管理センター)に連れて行く。 ・明らかにノラに餌を与えている人がいて、その人の身元がわかるのなら苦情を言う。 ・半ノラ(外飼い)の猫で飼い主がわかっているなら苦情を言う。 といったところでしょうか。 ただし上記の場合、ぜんぜん取り合ってもらえないばかりか、 逆恨みされてしまう場合もあると思いますから、 もしご近所の方も同じ悩みを抱えているのなら町内会などで議題にされてみてはいかがでしょうか?

次の